自律神経失調症がどうかチェックをしてみよう。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 自律神経失調症のチェック

自律神経が乱れていないか?チェックしよう

女性医師のイラスト自律神経失調症かどうかは、医者でもなかなか判断がつきづらいと言われております。なぜならば、自律神経失調症と同じような症状のある病気が多いからです。自己判断して自律神経失調症だから特別に心配はいらないと安易な判断はとても危険です。重大な病気が隠れている可能性も否定できません。

病院での検査では、除外診断という検査を行います。例えば糖尿病、バセドー病、膠原病、脳腫瘍、メニュエールなどには、自律神経失調症の症状とよく似たものがあるので、これらの病気が潜んでいないかを除外する事を言います。

また、神経症やうつ病、パニック障害なども自律神経失調症と症状が酷似している場合や全く同じ症状が顕われる事がありますので専門の医師でないと判断は難しいでしょう。あくまでも自律神経失調症かどうかのチェックは参考程度とするのが良いでしょう。

1.TMI・自律神経症用の調査票
2.TMI・精神症状の調査票
3.ストレス度のチェック表
4.ストレス耐性度のチェック表

TMI・自律神経症用の調査表

次の質問で、当てはまる項目にチェックをつけ合計数を出してください。

あてはまる項目数はいくつありますか?

01.
02.
03.
04.
05.
06.
07.
08.
09.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.

判定方法
チェックマークが10個以下では、心身ともに健康と判断できます。チェックマークが多くなるほど自律神経失調症の疑いが強くなります。

TMI・精神症状の調査表

次の質問で、当てはまる項目にチェックをつけ合計数を出してください。

あてはまる項目数はいくつありますか?

01.
02.
03.
04.
05.
06.
07.
08.
09.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.
31.
32.
33.
34.
35.
36.
37.
38.
39.
40.
41.
42.
43.
44.
45.
46.
47.
48.
49.
50.
51.

判定方法
チェックマークが10個以下では、心身ともに健康と判断できます。チェックマークが多くなるほど自律神経失調症の疑いが強くなります。

ストレス度をチェックしよう

あなたがどれだけストレスを抱えているのかチェックをしましょう。自分のストレス度を把握して自律神経に負荷をかけすぎないようにしましょう。
【日大の桂・村上らの開発による)

あてはまる症状はいくつありますか?

01.
02.
03.
04.
05.
06.
07.
08.
09.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
25.
26.
27.
28.
29.
30.

判定方法
0~5:まず問題ありません。(ストレスは問題ない)
6~10:軽いストレス状態です。(軽度(初期)のストレス状態)
11~20:本格的なストレス状態(中等度ストレス状態・一部病的状態)
21個以上:日常生活に支障をきたすほどのストレス状態(重度の慢性的なストレス状態)

ストレス耐性度チェックリスト(STCL)

あなたのストレスに対する耐性度はどれだけありますか?自分の耐性度を知り無理をしないようにしましょう。ストレス耐性度が弱いほど慢性的なストレスに悩まされている傾向にあります。
【日大の桂・村上らの開発による)

最もよくあてはまる段階に○を付けて合計をする

チェック
項目
ないか
たまに
ときどき かなりの間 ほとんど
冷静な判断をする
明朗である
表現するほうである
楽しい
人の顔色が気になる
前向きである 1 3 4
うらやましくなる 4 3 2 1
動く事がすき
人をとがめる
10 人の長所をみる
11 融通がきく
12 手紙の返事をすぐ核
13 のんきである
14 事実を確かめる
15 配慮をする
16 感謝できる
17 友人が多い
18 家庭内不和
19 仕事がきつい
20 趣味がある

ストレス耐性度の判定
あてはまる段階に丸をつけたときの合計数はいくつありますか?
20~40:ストレスに弱い
40~50: 通常
50~80:ストレスに強い

自律神経失調症かどうかチェックしてみて、どうでしたか?該当する項目が多く不安を感じているのであれば、病院で検査を受けてみましょう。

参考:自律神経失調症の疑いがあるけど病院は何科を受診すればよいのか?

当院ではこれまで数千人もの患者さんを診てきて自律神経失調症の患者さんには共通する身体的特徴がある事が分かりました。言い換えればこの身体的な特徴を、健康な状態に戻す事で自律神経失調症の症状は改善されると考えられます。

参考:自律神経失調症の患者さんは共通する身体的な特徴がある。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved