自律神経失調症に漢方薬は効果的

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 自律神経失調症の漢方薬

自律神経失調症に効果的な漢方薬は非常に多い。

女性医師のイラスト漢方薬は最近、積極的に治療に取り入れる医師や病院が増えています。漢方薬は特定の症状だけを取り除いたり、抑えたりということではなく、身体全身の状態に適したものを処方し患者自身の自然治癒力を高めます。

その為に自律神経失調症に限らず、さまざまな症状が総合的に軽快してゆきます。漢方薬は人間が本来もっている自然治癒力に働きかけて、心身のリズムを調和させてゆくものです。そのために西洋薬に比べて効果がゆっくりしているので長期間服用する必要があります。

そのような場合には漢方薬は西洋薬との併用は問題がありませんので複合的に用いる事でも良いかと思います。漢方薬で自然治癒力を高めながら、西洋薬で辛い症状を取り除くというような使い方も出来るかと思います。

漢方療法の考え方

漢方では、病気には体質や環境、習慣などの要素が複雑にからみあい、気(生命エネルギー)、血(血のめぐり、血の道、ホルモンの働き)、水(体液、水分、代謝)の何れかが変調をきたすと心身のバランスが乱れて自律神経失調症などの症状が発症すると考えられています。

気は精神的・神経的変調、血は血液や血液循環系、心臓、肝臓などの変調、水は体液や代謝の変調を意味しています。

患者の体質を虚証、中間、実証というふうに体力や抵抗力の強弱に分け、更に陰陽で新陳代謝が盛んか衰えているか等を診ます。これらを総合的に診て判断をし適切な漢方薬を処方し患者さんの本来の自然治癒力が高まり症状が軽快する事を期待します。

自律神経失調症に有効な漢方薬の種類

              
症状 漢方薬名
疲れやすく、動悸、息切れ、口渇、肩凝り、のぼせ、冷え、抑うつ、不安、焦燥感がある。 虚証 さいこけいしかんきょうとう
柴胡桂枝乾姜湯
疲労感が強く、不眠症がある。 虚証 ほちゅうえっきとう
補中益気湯
不安感がつよく、咽頭や上胸部に詰まった感じや何かひっかかった感じがあり、呼吸困難、動悸がある 虚証 はんげこうぼくとう
半夏厚朴湯
冷えやのぼせ、動悸、疲れやすいなどの身体症状、興奮しやすい、不安、不眠などの精神症状がある。 虚証 けいしかりゅうこつぼれいとう
桂枝加竜骨牡蠣湯
短期で怒りっぽく、動悸などの身体症と、不安感、焦燥感などの精神症状がある。 虚証 よくかんさん
抑肝散
イライラ感があり、短期で怒りっぽく、動悸などの身体症状と、不安感、焦燥感などの精神症状がある。 虚証 よくかんさんかちんぴはんげ
抑肝散加陳皮半夏
めまいを伴う動悸や立ちくらみ、のぼせなどの症状がある。 虚証 りょうけいじゅつかんとう
苓桂朮甘湯
冷え、腰痛、頭痛、めまい、動悸、疲労感などがある。 虚証 とうきしゃくやくさん
当帰芍薬散
のぼせ、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、動悸、便秘などの身体症状と不安感がある。 実証 とうかくじょうきとう
桃核承気湯
肩凝り、頭痛、めまい、のぼせ、冷え、動悸、月経不順などがある。 実証 けいしぶくりょうがん
桂枝茯苓丸
動悸やほてり、のぼせ、肩凝り、頭痛、めまい、不眠、イライラ感などの更年期障害がある。 虚証
中間証
かみしょうようさん
加味逍遥散
不安やイライラ、怒りっぽい、不眠症などの精神症状と、動悸、胸部痛などの胸部症状 実証
虚証
さいこかりゅうこつぼれいとう
柴胡加竜骨牡蛎湯
下痢、腹痛などの過敏性腸症候群がある 実証
虚証
けいしかしゃくやくとう
桂枝加芍薬湯
動悸やほてり、のぼせ、肩凝り、頭痛、めまい、不眠、イライラ感などの更年期障害がある。 虚証
中巻証
かみしょうようさん
加味逍遥散

漢方薬の効果、実際に使ってみた感想

薬の服用漢方薬は私自身が体調がすぐれない時に時々、服用をしています。私個人の体験では、自律神経失調症の症状が慢性化して酷い場合には、効果は感じにくいと思います。おそらく効果は感じられないかもしれませんが、自覚できないレベルで自然治癒力は高まっていると思っています。

自律神経失調症の症状が軽度の場合では、漢方薬の効果が出始めるのには時間はそれほどかからないと思います。私の場合には2~3日くらいの服用で必ず効果を感じ始めます。

私がいつも服用している漢方薬は補中益気湯です。この漢方は体調を悪くして気力も体力も落ちたと感じた時に服用すると正気を取り戻します。

他に、関節の節々が冬になると痛みはじめて医師の相談したところ桂枝加朮附湯という漢方を処方されました。これも4~5日ほど服用する事で関節の痛みが軽減しました。実のところ関節の痛みに関しては期待していませんでしたが、しっかりと効果が有る事を実感しました。

私の場合は自律神経失調症の症状における漢方薬の効果ではありませんが、参考になるかと思います。症状が良くなったと思い数日服用しないでいると症状のぶりかえしがありますので、良くなったと感じても続ける必要があります。

西洋薬も漢方薬も効果を感じられない場合

症状が慢性化し酷くなればなるほど、治療的な効果を感じ辛くなります。そのような場合には、今行っている治療法にこだわらず複合的な治療を行った方が良いと思っています。自律神経失調症に効果的とされる治療法は多種多様です。

当院では、薬を服用しても何を行っても全く効果がないと思っている場合に、これまで患者さんが試していない方法を提案しています。どのような治療を行っても自律神経失調症が良くならないのは治療法に問題があるだけではなく患者さん自身の生活習慣が大きく関わっています。

この生活習慣を変えない限りは、どのような治療を行っても効果は半減します。自律神経失調症の患者さんや精神的な疾患を持っている人には共通する身体的な特徴があります。

それは、全身の筋肉の硬直(特に首、肩、背中)ですが、筋肉を硬くさせる生活習慣に気づいていません。この生活習慣をかえる事で徐々に体調を取り戻してゆきます。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved