パニック障害と自律神経の関連性

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ パニック障害と自律神経失調症の関連性

パニック障害の症状と自律神経失調症

パニック障害を発症した人パニック発作は、突然症状が顕われ、激しい動悸、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどを伴う強い不安と、もしかして死ぬんではないかと思うほどの恐怖に襲われます。

特に初めて体験された方は、心臓発作ではないかと思い救急車を呼び病院へかけつけます。しかし、病院に着く頃には発作も治まり検査をしても特別な異常は見つからないのが通常です。

このよう突然の発作というような症状は自律神経失調症に見られる事はありません。しかし突然の発作はなくても、息苦しさや眩暈、動機などの症状などは日常の中での自律神経失調症の患者さんの症状に見られる事です。

パニック障害では更に一度発作を起こすことにより次第にまた発作が起こるのではないかという恐怖心と共に予期不安を感じます。発作を恐れて電車に乗れなかったり、外出する事にも恐怖を感じます。

パニック障害と自律神経失調症に共通する症状

パニック障害と自律神経失調症には、共通する症状とパニック障害にしが表れない症状があります。共通する症状として患者さんから訴えられる症状は以下のようなものです。

吐き気
息苦しさ
不眠症
胸の圧迫感
肩凝り
不整脈
漠然とした不安感
耳鳴り
眩暈

など、その他にも多くの共通する症状があります。

パニック障害にしかない症状

不安感を感じる男性のイラスト予期不安
一度パニック障害を起こすと、その恐怖の記憶からまた同じような場所でパニック発作を起こすのではないかと不安感を感じるようになる。そして予期不安から広場恐怖へと心理状態に移るようになる可能性がある。

広場恐怖
広場恐怖は誤解されやすい言葉で、広場を怖く感じるのではなく発作を起こすような恐怖心を伴うような特定の場所などの事を言います。

具体的には・・・・

電車が乗れない
閉鎖的な場所が怖い
外出する事が怖い
人前で食事が出来ない
など心理的な恐怖心により生活に支障が出てくる場合があります。

自律神経失調症にしかない症状?

説明する女性のイラスト基本的に、自律神経失調症にしかない症状というのはありません。おおまかな説明ではありますが・・・

パニック障害=自律神経失調症の症状+パニック障害にしかない精神症状

という事が言えます。

パニック障害の患者さんの方がそういった意味で症状の範囲が広いといえます。パニック障害の患者さんは、自律神経失調症にみられる身体的な症状とパニック障害の特徴的な予期不安などの精神的な疾患の両方を抱えています。

自律神経失調症は、どちらかというと精神的な症状よりも身体的な症状が強くあらわれます。漠然とした不安感やイライラ感もあるがパニック障害ほどの強い精神的な強い不安感や恐怖心、予期不安などはない。

パニック障害は、精神的な症状が強くあらわれると共に身体的な症状も抱えています。精神的な強い恐怖感により行動が制限されたり、生活のクオリティーを下げるほどの影響を受けている。更に自律神経失調症にみられる症状を持ち合わせている。

自律神経失調症に関する詳しい説明:自律神経失調症とは?主な原因と症状

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved