自律神経失調症の不眠症の原因

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 自律神経失調症と不眠症の原因

不眠症の原因と改善

不眠症イラスト自律神経失調症の症状で不眠症に悩み来店される患者さんの身体は緊張してゆったりとしていません。このような状態では精神状態も興奮しゆったりと眠る事は出来ません。

身体が硬くなり特に深層筋肉が硬直すると、自律神経も交感神経にスイッチが入り易くなり、逆に副交感神経にスイッチが入りづらくなります。

この様な状態で入眠しようとしても入眠しづらく、仮に入眠できたとしても眠りが浅く、翌朝は疲労がとれる事はありません。

多くの自律神経失調症の患者さんは不眠症に、薬物を服用し対処していますが根本的な改善には至らない為に、薬を辞めたいが止められない状態が続いています。

不眠症になぜなったのかという原因を取り除く事なく薬を出して症状を抑えるのは、対処療法で根本的な改善にはならないと思います。不眠症iの根本的な原因を理解し対処する必要があります。

副交感神経が優位にならないと眠くならない。

交感神経と副交感神経不眠症の原因の一つとして脳への血流障害により自律神経の働きが乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに出来なくなる事が不眠症の最も大きな原因なると考えられます。

自律神経は交感神経と副交感神経が状況や時間で自動的に切り替わっています。一般的に夕方から夜睡眠に入るあたりに副交感神経の働きがピークになり睡眠に適した精神状態になります。

しかしながらこの働きが悪くなる事により入眠時に副交感神経にスイッチが切り替わらない状態になっていると考えられます。

副交感神経は本来身体がゆったりとリラックスしている時などに優位になる神経のはずですが、自律神経が脳の血流障害により本来の機能が働かなくなる事でスイッチが切り替わらないのです。

もうひとつの不眠症の原因として考えられることは、身体の硬直により異常な信号が脳へ送られ続けるということがあります。身体が硬くなる事により脳は力を入れている状態と硬くなっている状態との違いに判断がつきません。

そのために脳は力を入れっぱなしにしていると判断し交感神経が優位な状態(興奮状態)となり結果として不眠症で眠れない状態になります。

従って深層筋肉を緩める事で、脳に異常な信号を送らないようにしなければなりません。深層筋肉が緩めばリラックス感を得られ副交感神経が優位になり、深い眠りと心地良い眠りを得られるようになります。

根本的な不眠症の改善

整体施術筋肉が硬直している状態で精神がゆったりする事は困難な事です。この事は当院で整体を行っていて常に感じる事です。来店された自律神経失調症の患者さんの筋肉は非常に硬直してゆったりとしていません。

表情をみても非常に強張った感じて精神的にもゆったりとしている風には見えません。

しかし整体で深層筋肉を意識した施術を行い身体の深部の硬直を緩めるに従い副交感神経が優位に働いている事を表情から読み取る事ができます。

整体中に胃がゆるみ胃の働きが良くなるのです。胃の動く音がし始める事がしばしばで、この時には患者さんも緊張が取れリラックス出来ている事が解ります。

この状態というのが副交感神経にスイッチが入り気持ちがゆったりとしている状態です。この状態は脳内が快感物質で満たされた状態で、このような状態が維持できるようになると自律神経失調症の症状も不眠症も改善されてゆきます。

不眠症の原因は筋肉の硬直により自律神経のバランスが乱れているという事が大きな要因だと考えられます。筋肉が緩めば精神も緩みます。逆を言えば筋肉が緩んだ状態で興奮する事はできません。

この様なリラックスした状態を維持する事で不眠症だけではなくうつ病やパニック障害を始めさまざまな症状が回復へと向かいます。

不眠症を改善する事を誰もが困難だと思い込んでいますが、深層筋肉の硬直が取れさえすれば精神状態がリラックス状態になり、快適な睡眠へと導かれるようになる事が通常です。

自律神経失調の改善には呼吸の改善と脳の血流改善が極めて重要

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved