首筋の周辺が硬くなるとふらつきの原因となる。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホーム ⇒ 身体のふらつきの原因

首筋が硬くなるとふらつく。

身体がふらつく女性身体のふらつきの原因には小脳が委縮する病気で、「脊髄小脳変性症」という病気がありますので、脳の検査をする事をお勧めいたします。

病院で検査をしたけれども何の問題もないと言われる方が殆どで、脳自体の問題ではなく深層筋肉の硬直によるふらつきが原因となっている場合が殆どだと思います。

自律神経失調症との関連性を訴えて来店される患者さんがいらっしゃいますが、多くの場合には自律神経とは直接の関連性はありません。身体のふらつきのある方の身体的な特徴には、耳の直下の首筋及び周辺の酷い硬直が特徴的です。この部位に硬直があるかたに身体のふらつきがある場合が多いようです。

これは私自身の仮説になりますが、耳の中の器官で平衡感覚と深く関係しているのが三半規管(さんはんきかん)と呼ばれるところです。

首筋から流れる耳の内部へ流れる器官である三半規管へ十分な量の血液が供給されなくなり三半規管の機能が果たされなくなり結果身体がふらつく状態になったのではないかと思っています。実際にこの耳の周辺や耳直下の首筋の深層筋肉の硬直が取れるに従いふらつきが改善されてゆきます。

自律神経失調症の一般的な症状で身体のふらつきが挙げられていますが、自律神経失調症による影響ではなく耳の周辺の深層筋肉の硬直が原因だと考えています。

自律神経失調症の患者さんに身体のふらつきを訴える患者さんが多いのは、自律神経失調症の人は、首筋や耳の周辺も含めて全身が硬くなっている為です。

身体のふらつきの原因となっている原因を取り除く

耳身体のふらつきの程度と耳の直下の首筋の硬直度の度合いとは比例関係にあり、硬直が酷ければふらつき度も酷いようです。

例えばパニック障害の方で発作の時にふらつきがあるのはパニック発作の時に筋肉が緊張して、より首筋や周辺の筋肉が硬直し血流が悪くなり耳の内部の器官に影響を与えるためだと考えられます。

身体のふらつきが酷い人はプラットホームを歩く事も、少し恐怖感を感じている方です。このレベルの方の耳の周辺や耳直下の首筋の硬直は、骨と筋肉との区別がつかない程に硬直しております。

このような場合には、深層筋肉を緩めるための施術だけでは改善するのは困難となります。

ご本人の筋肉の質を改善する必要がありますので、こういったレベルの方には自律神経失調症の改善の為の生活指導と筋肉の質を改善させるためのメソッドをご指導させて頂き筋肉のパフォーマンスを高めるようにして頂いております。

ふらつきがあり生活に支障があるレベルの方には上記のように指導をさせて頂きますが、時々ふらつくとか程度にもよりますが、通常は耳の周辺から首筋、あるいは肩までの深層筋肉を緩めるような施術を数回行う事で硬直が取れるに自律神経が改善されると共にふらつき感も合わせて改善されてゆきます。

  

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved