冷え性の原因は自律神経の乱れと物理的な原因がある。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホーム ⇒ 冷え症の原因

自律神経と物理的な原因による冷え性

冷え症の女性の写真当院で感じている冷え性の原因は二つ考えられます。

一つ目は自律神経のバランスが乱れて副交感神経に切り替わらずに冷え症になって居る場合。

二つ目は深層筋肉の凝りにより物理的に血管が塞がれて手と足が冷えているという場合です。

ちなみに私自身は後者の物理的な理由で手が冷たくなりやすいのです。自律神経の状態は正常なのですが、仕事がらかなり腕や肩に負荷がかかり毎日メンテを行っているのですが、それでも肩回りや腕が硬くなりやすいのです。

手は冷たいが足は温かいというような方は、私と同様に凝りにより血管が塞がれて冷たくなっています。

自律神経のバランスが乱れている場合には、当方でいう脳の血流障害を改善する事により自律神経のバランスが改善されて、副交感神経の働くべき時に働くようになり手足が温かくなります。

物理的な原因が冷え性の改善方法

物理的に手の冷え性の場合には首筋の全面の鎖骨の部分に凝りがある事が原因です。この部位には4本の神経が腕にかけて流れているのと血管も流れています。

この部位が硬直する事で冷えだけではなく、酷い場合には冷えと痺れの両方、あるいは痺れだけの場合もあります。

この部位で神経を圧迫している場合には痺れ、血管を圧迫している場合には冷え性となります。この場合には物理的な原因なので自律神経失調症が原因ではなく凝りが緩めば、直後から手がポカポカしてきます。

首の全面という風に申し上げましたが、この部位だけではなくこの部位を中心としてその周辺の凝りを緩める事も重要です。

物理的な足の冷え性の改善方法

足の冷え性の写真足の冷え性の場合も手の冷え性と同様に自律神経失調症による原因と物理的に足の冷え性の場合とがあると考えられます。

若しくは、自律神経失調症と物理的な原因が複合的している場合とがあります。物理的な原因では尻から股関節の上部、鼠蹊部あたりの深層筋肉の硬直が原因です。

手の冷えと同様に、上記の部位の硬直により心臓から出た血液が下半身へと流れにくくなっているのです。硬直した筋肉が血管を圧迫して著しく血流が悪くなっています。冷え症だけではなく、坐骨神経痛の原因にもなりますので注意が必要です。

下半身への血流が悪くなる事により下半身全体に老廃物が蓄積して筋肉が硬直している場合が殆どで、足がつり易く、疲れやすくなっています。

更に下半身への血流がわるくなっている方は、ひざの裏も酷く硬くなっています。膝の裏が骨の様に硬直している方が多く、特に膝の裏が硬いひとは膝より足先の筋肉が硬直して血流が悪くなっています。

冷えのある方は筋肉が硬直していますので、リンパの流れも悪く浮腫みやすくなっています。

筋肉が硬直するとリンパの流れが悪くなるのは、リンパはそれ自体でポンプの機能がありませんので、筋肉の収縮がポンプの変わりをしてリンパを流します。

筋肉が硬くなると筋肉が収縮しづらくなりポンプの役割を果たさなくなり、リンパの流れが悪く浮腫み易くなります。

冷えはあるけど浮腫まないという方はいずれ時間の経過とともに浮腫み易くなります。

足の冷え性はお尻の筋肉の周辺と膝裏の深層筋肉を緩める事により改善されていく場合が殆どです。この部位の深層筋肉を緩めると足先までがポカポカして、これまで如何に血流が悪くなっていたかを体験する事ができます。

  

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved