自律神経失調症と肩凝りの関連性

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 肩凝りの原因

肩こりを作る原因

肩凝りを感じている女性当院に来店される自律神経失調症の患者さんは精神的にリラックス状態にある事があまりありません。もしくは長期に及び症状を抱えている方はリラックス状態が分からない方もいます。

首の凝りや肩凝りを改善する事により患者さんはリラックス状態を作る事が出来ます。

意外に理解されていない肩こりを作る原因ですが、この原因を理解する意味というのは現在も肩こりを作る原因を作り出している可能性が高いからです。既に酷い凝りを形成している場合には、この肩こりを作り出している原因をなくしても肩こりは改善されません。

根本的に肩こりを改善させるには深層筋肉に蓄積した凝りを緩める事と同時に肩こりを作り続けている要因を取り除く必要があります。

肩凝りを作るための要因

肩凝りだけではなく全ての部位に自律神経失調症の原因は筋肉に力を持続的に長時間入れっぱなしにすることです。持続的に力を入れっぱなしにしておくことで筋肉が締まり血管が細くなり老廃物が流れにくくなり筋肉に老廃物が溜まる事により筋肉が硬くなります。

例えば肩凝りの状態を作るためにはどのような動作や習慣があるのかを例をあげてみます。

1、パソコン作業を行っている時に肩に力が入ったままの状態を長時間続けている。
2、荷物を肩にかけて、荷物が落ちないように少し肩に力をいれた状態を続けている。
3、身体を横に寝そべって頬杖をついて本を読んだり新聞を読んでいる。

上記に例を挙げてみましたが、注意して頂きたいのは持続的に力を入れっぱなしにする事です。

声を大にして言いたいのは特に3番の頬杖をついて本を読む事は、極めて悪い行為で取り返しがつかなくなりますのですぐに辞めてください。

このような行為は全て挙げれば人ぞれぞれケースバイケースです。大切な事は自分で持続的に力を入れっぱなしにしている行為を注意深く考えてみる事です。上記に挙げた事以外にもこのような行為も肩こりの原因になります。

自分自身で悪い習慣を見つける事が大切です。

肩凝りを手で押さえる女性実際に来店されたお客さまは酷く肩が凝っていました。原因をお聞きしてもなかなか理由が見えませんでした。いろいろと問診していく内に九官鳥を飼っていて腕に九官鳥を止めて可愛がっているという行為がある事を知りました。

この行為のどこが悪いのかというと九官鳥を止めるために腕を挙げっぱなしにしているという事になります。腕の重さを持続的な緊張で支えている事になります。このようなケースは珍しいかと思いますのでご自身で自分の行為を振り返り持続的に力を入れている状況を認識する必要があります。

しかしながら多くの方は、この様な悪い習慣を辞めたとしても肩こりは改善される事はありません。この様な行為をやめなければならない理由は更に酷い肩こりにならない為に悪い習慣を辞める必要があるのです。既に酷い肩こりを感じている方は、長い悪い過去の習慣で作られたものなのです。従って既に作られた凝り自体を取らなければ肩こり感は、今後も続きます。

肩こり自体がストレスになり症状を悪化させる。

肩凝りを感じない人には肩凝りの辛さを解ってもらえません。たかが肩凝りといって誰も同情をしてもらえる人もいません。肩凝り自体が非常にストレスを感じさせるのです。

これまでの人生の中で肩凝りを共にしている方がどれほどいらっしゃるのでしょうか?

肩凝りを感じている方は人口の半分位いるのではないかと予想をしていますが、特に死に直結するわけでもありませんので肩凝りの研究などを厚生労働省などがするわけもありません。

肩凝りは肩凝り同志で慰め合うほかありません。

肩凝りが酷いと何にも手をつける気になりません。しかたなく仕事ではパソコン作業を行わなくてはならないためにパソコンと睨めっこをしていますが、5分も経過するといてもたってもいられない気持ちになります。

肩凝りは単なる肩凝りという認識は非常に危険です。肩凝りは大きなストレスを引き起こしますので、その結果、自律神経に影響を与えて自律神経のバランスを乱す原因ともなります。それだけではなくうつ病の原因になったりパニック障害の原因ともなるのです。

肩こりを改善させるには深層筋肉を緩める他ない。

肩凝りの女性肩凝りを改善させるには深層筋肉の凝りを取る事が大切です。

以前肩凝りを感じていた方で今ではすっかり肩凝りを感じなくなったという方は、会社を辞めてストレスを感じなくなった、今までストレスだった原因がなくなった、緊張する場面がなくなったなどの場合があります。

しかしながらこのような方も深層筋肉の凝りが取れているわけではありませんので、何らかのきっかけによりストレスを感じた時には症状が全面的に出てくると思います。

深層筋肉が緩んでいれば、どのようなストレス状態であったとしても肩凝りを感じたりパニック障害が全面に出てくる事はなくなると考えています。肩凝りやパニック障害がないという状態でも深層筋肉を緩める事により血流量が著しく改善し、潜在的に眠っていた病気などが知らずの内に改善されると思っています。

殆どの病気の根源は血流障害が大きく関連していると思います。その原因というのは軽視されがちな身体の硬直だという事を殆どの方は理解する事もなく、食事を注意したりサプリメントで栄養を補給したりします。

現代人は既に通常の生活をしている限りは栄養は十分に取れていると思います。むしろ食事の量を減らしたり断食をおこなう事で血流が良くなり肩凝りなども改善すると言う事を私自身感じています。

もっと大切な事は身体の深部の凝りを取り全身にくまなく血液が流れるような状態にすると言う事ではないかと思います。血流さえ良ければ殆どの病気になる可能性が低くなると考えています。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved

ホーム 施術の様子 お客さまの声 プロフィール 予約案内・料金 良くある質問 ホーム