長期間のストレスが息苦しさに影響を与える

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホーム息苦しさの原因 ⇒ 呼吸の仕組みから息苦しさの原因を理解する

胸部の構造と呼吸の仕組み

胸郭(肺と横隔膜の)の写真胸部は胸郭で形成され胸郭内の主な臓器は心臓と肺、その他の臓器があります。胸部の下には腹部の内臓がありますが、この胸部の内臓と腹部の内臓とは横隔膜で隔てられています。

鼻・喉と共に呼吸に関する器官ですので呼吸器と呼ばれています。呼吸はどのように行われるのか以下にご説明させて頂きます。

呼吸は胸郭を広げたり狭めたりする筋肉と横隔膜の上下運動に行われます。

吸気(きゅうきー空気を吸う)は、胸郭が広がり横隔膜が下がると胸腔がひろがって、肺の中に空気が入ってきます。

呼気(こきー空気を吐く)は、胸郭が狭くなり横隔膜がゆるみ胸腔が狭くなり空気が外に出ます。

胸部の構造と息苦しさの関係

胸部の構造や仕組みから、呼吸がスムーズに行われるには胸郭を広げたり狭めたりする筋肉だけではなく、横隔膜が緊張と弛緩が同時に行われなければなりません。

主な息苦しさ・呼吸が苦しい原因は胸郭を広げらり狭めたりする筋肉、簡単に申し上げますと肺の周辺の筋肉が硬くなり自由に動かなくなっている事により起こると考えられます。

更に横隔膜も緊張と弛緩が出来て連動しなければ、深い呼吸をする事は出来ません。

息苦しさ・呼吸が苦しい原因は、肺の周辺の筋肉の硬直だけではなく、横隔膜の周辺の筋肉の硬直によるものと思われます。実際の施術でも肺の周辺の筋肉は明らかに硬直し、更に胃の裏側の筋肉も硬くなっています。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved