長期間のストレスが息苦しさに影響を与える

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム息苦しさの原因 ⇒ 長期のストレスと息ぐるしさ

息苦しくなってしまった原因

息苦しさ・呼吸が苦しい原因に関しては息苦しさの原因で述べましたが、肺の周辺の硬直や腹部廻りの硬直により肺が圧迫を受けている事が原因です。

なぜ、肺の周辺や腹部廻りが硬直してしまったのか?という疑問があるかと思います。これには物理的なストレスではなく多くの場合には、精神的なストレスが大きく影響を与えています。

息苦しさや呼吸の苦しさが慢性化した理由を一言でいうと長期間によるストレスが原因です。

肺を圧迫するほどの肺周辺や背中、腹部の硬直は極めて少しづつ形成されます。息苦しさや呼吸の苦しさを感じるまでには数年から数十年もの時間を要します。

長期間・長時間の持続的な緊張が筋肉を硬直させる。

精神的なストレスが数時間、数週間続いた程度では息苦しさを感じたとしてもすぐに通常の状態に戻りますが、数年から数十年も続いたストレスによる息苦しさや呼吸の苦しさとは明らかに違っています。

この息苦しさの原因を作ってしまった精神的なストレスとは、長期間にわたる持続的な緊張を強いるような状態です。例えば家庭内に問題があり家族の中でもリラックスできずに常に緊張をしている場合、あるいは会社で仕事や人間関係が上手くいかずに上司から怒鳴られないかビクビクし緊張をしている場合など。

いずれも家庭にいる時間や勤務している時間、あるいは学生生活で教室で過ごす場合など長時間、長期間に渡りそこに居つづけなければならない状態です。

筋肉が硬くなる凝りを形成する原因に、上記のような状態の条件が当てはまります。凝りを形成する条件は、筋肉に微弱な緊張を長時間(長期間)与え続ける事です。

慢性的に呼吸が苦しかったり息苦しさを感じている人は、これらの習慣を辞めたとしても、息苦しさの症状はなくなりません。しかし、今以上に筋肉を硬直させないようにする事と治療をしながらこの様な習慣を続ける事により治療の効果が表れなくなるという意味で悪い習慣を辞める事が必要です。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved