自律神経失調症と眩暈の原因

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 眩暈の原因

眩暈の原因は首筋の異常な硬直

耳の構造自律神経失調症の患者さんで眩暈を訴えられる方は、耳鼻科や内科で診察してもらったけど原因が見当たらずに当院に来店されます。

まず検査を受ける事は、重大な病気が隠されている場合もありますので大切な事です。

しかし多くの場合には眩暈の原因が見当たらず、何処へ行って良いのか分からずに、困惑される方が殆どです。

当院に自律神経失調症で来店されるような方で眩暈を訴えられる方は、重大な病気が隠されているのではなく首筋の異常な硬直により起こる場合が殆どです。

意外かもしれませんが、眩暈の原因と首筋の凝りは深い関連性があります。首筋と言っても眩暈に与える影響がある首筋の部位は耳たぶのすぐ下の窪みや、胸鎖乳突起が極めて硬くなっています。

特に耳たぶすぐの下は胸鎖乳突起と顎の間で、この部位は窪みがあるのが正常な状態なのですが、眩暈のする人はこの窪みがなく凝りによって埋め尽くされています。

この窪みの硬直が柔らかくなるに従って眩暈の頻度や度合いが変化をしてゆく事から、首筋から耳の器官へとの間に障害がある事は間違いありません。

眩暈の改善方法

眩暈のイメージ自律神経失調症を訴えて来店された患者さんは、自律神経のバランスの乱れで眩暈が起こると考えて来店されますが、そうではありません。

自律神経失調症の方は首筋やその他の全身に筋肉が硬直していますが、筋肉の硬直により眩暈が起こります。

胸鎖乳突起や耳たぶ下の筋肉が酷く硬くなる事により、耳の内部へ繋がっている血管やリンパ管が凝りにより圧迫されて耳の本来の機能である平衡感覚が正常に働かなくなったものが眩暈だという風に当院では仮説を立てて施術を行っています。

仮説ですが、上記に挙げた部位の硬直が緩むに従って自律神経の症状と共に眩暈が改善されてゆきますので、仮説は恐らく間違いないという風に当院では考えています。

耳だけではなく器官、臓器がしっかり働いていない場合には、必ずその部位や周辺の筋肉が硬直しています。この硬直が症状の原因を知らせてくれるのです。

さまざまな症状があっても、多くの場合には筋肉の異常な硬直で起こる事が施術経験により明らかです。原因の分からない症状がある場合にはまず筋肉の硬直による血流障害を疑ってみる事が、早期に症状を改善させる事に繋がることもあります。

  

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved