耳鳴りと自律神経との関連性

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホーム ⇒ 耳鳴りの音の種類

耳鳴りの音の種類

耳の構造のイラスト当院に来店される自律神経失調症の患者さんの中で大きく分けて、耳鳴りの音にも2種類あります。

多くは高音で「キーン」という金属音のような音を感じる方と、「ジーン」という蝉が鳴くような音の2種類になります。高音でなる「キーン」という音が聞こえる方は割と若年から中年の方に多いようです。


耳鳴りと自律神経失調症の関連性は?

耳鳴りのする様子耳鳴りと自律神経失調症は直接的な関連性はありません。しかしながら患者さんに耳鳴りがする方が多いというのは納得できることなのです。

それは自律神経失調症の患者さんの方の首筋や肩が硬くなっている事と関係があります。

耳鳴りのする方の特徴は耳の周辺や耳たぶの直下の首筋が必ず硬くなっています。

この部位の硬直が耳周辺の組織への血液のながれやリンパ液のながれが悪くなっている事が原因ではないかと思われます。

この周辺の硬直が緩むに従って症状が後退していく事からも耳鳴りの原因というのが耳周辺の筋肉の硬直と関連しているのではないかと予測をしております。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved