左側の背中が硬くなり痛みを感じる。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 左の背中の痛みの原因

95%の人は左の背中が硬くなって居ます。

施術経験により、自律神経失調症の患者さんは右側よりも左の背中が明らかに硬くなり痛みを感じています。硬くなっているだけではなく左側の筋肉の質は右側と比較すると明らかに悪くなっています。

稀に右側の背中の方が硬くなっている方がいますが、ひとつは側弯症という生まれながらの病気の方です。この病気は背骨のねじれにより筋肉が、このねじれによる筋肉のバランスを保つために右側の方が硬くなります。

右側の方が左よりも凝っている感じがするという人もいますが、これは感覚的なもので、実際には左側の背中の方が間違いなく硬くなっています。

実は左側の背中の痛みによる硬直の延長線上に自律神経失調症があるという事を多くのかたは理解していません。

なぜ左側の背中が硬くなりやすいのか?

なぜ左の背中の痛みを感じたり凝り感を感じたりするのでしょうか?それは、心臓が左側にある事と関係しています。施術経験から心臓の裏側の部位が一番硬くなっています。

多くの場合は正常に近い方でも良く観察して頂けると分かるかと思いますが、左側の背中の心臓の裏側の方が右よりも膨れています。

この膨らみは何かと申しますと筋肉の硬直、言い換えると凝りにより筋肉が膨れている状態です。肩凝りの酷い人が肩が膨れているのと同じ状態です。

自律神経失調症の方は間違いなく心臓の裏側が硬く盛り上がっていますが、健康な人でも心臓の裏側はストレスにより硬直しています。

なぜストレスを感じると心臓の裏側である左の背中が痛くなったり凝りを形成するのかという疑問が湧いてくるかと思いますのでご説明させて頂きます。

不快な感情を感じると背中が硬くなる。

人はストレスや緊張した時や不快な感情を感じると筋肉に力を入れて呼吸を浅くします。特に自律神経失調症の方はそのような傾向にあります。

これは無意識に行われている事で、気づいている人は少ないと思いますのでストレスを感じた時にご自身の身体と呼吸の状態を観察して頂ければと思います。

特に力を入れやすいのは、左側にある心臓の周辺や胃の周辺です。心臓は感情を感じる臓器ですので、不快な感情は感じたくありません。その為に心臓周辺の筋肉に力を入れて呼吸を浅くする事により、最小限の不快感で済むようにします。

このような事は日常生活の中において良くある事です。このような無意識の行為を自律神経失調症の方は何年間も続けています。その結果、左側の心臓の周辺や背中の左側が硬くなってきます。

左側の背中が硬くなる、心臓の裏側が硬くなる事により、そのすぐ上部の肺の周辺も硬くなります。これにより息苦しさを感じるようになり自律神経失調症の原因となります。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved