自律神経失調と頭痛の関連性

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 自律神経失調症と頭痛

筋肉の異常な硬直が頭痛の原因

頭痛の原因のイラスト自律神経失調症の患者さんの方の大半は頭痛を感じています。頭痛と自律神経失調症との直接的な関連性ありませんが、患者さんに頭痛を感じている方が多いのは事実です。

なぜならば精神疾患を持っている人は必ず首筋や後頭部が硬直しているからです。自律神経失調症の患者さんからのお話をお聞きしますと、緊張してくると頭痛がしたり、頭痛とともに吐き気を感じたり、肩凝りがしてくると頭痛がしてくるという患者さんが多いようです。

自律神経失調症の患者さんは頭痛だけではなく複合的に症状を発症する場合が多い様に思います。例えば緊張をしてくると頭痛がするというのは、どういう事かともうしますと緊張をする事により筋肉が締まってきます。

筋肉が締まってくると血流が悪くなります。血流が悪くなると頭痛がするという事が理由です。頭痛は首筋や後頭部が硬くなっている人が精神的な緊張やそのほかの理由で血流が悪くなり、元々血流が悪い首筋や後頭部が更にしまって脳への血流が悪くなるという事です。

肩凝り感や首筋の張り感があると吐き気を感じる、あるいは頭痛がするということは血流が悪くなっている時に起こり自律神経失調だから起こるという事ではありません。

深層筋肉を緩めて脳の血流を改善

頭痛を感じる女性頭痛は脳からのメッセージで脳が酸素不足になっているということを知らせるための警告だと捉える必要があります。

自律神経の患者さんの後頭部や首筋は非常に硬直しています。表面的には硬くはありませんが、筋肉の奥深い部分の深層筋肉といわれる場所が硬くなっています。

この深部の凝りにより頭部への血流が悪くなり頭痛を引き起こしていると考えられます。頭痛はこの深層筋肉の硬直が取れるに従い痛みから解放されます。しっかりと凝りが取れる事により緊張をした場合でも影響を受け頭痛がするという事も無くなります。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved