うつ病のチェック

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホームうつ病の一般的な症状 ⇒ うつ病かどうか簡易的にチェック

うつ病による変化

うつ病になると、感情や思考、身体面や意欲に変化が起こります。今現在のご自身の状態に照らし合わせてチェックしてみよう。

あくまでも自己判断になりますので最終的には心療内科などでしっかりと判断してもらって下さい。

感情面の変化

これまで楽しいと感じていた事が楽しくなくなる、テレビを見るのも、本を読むのも苦痛に感じる。音楽を聴くのも嫌になります。

そして将来に対して希望を感じなくなり、生きていて希望を持てなくなる、悲観的になり、自分がつまらない価値のない人間だと感じるようになる。

この感情は朝方が酷く夕方になると楽になるというのが一般的ですが、あくまでも個人差があります。

思考面の変化

困惑している女性集中力がなくなり、仕事を最後までやり遂げる事に苦労します。判断力や記憶力も悪くなったように感じて、仕事でもミスが多くなるようになります。

外出するにも、どの服を身に着けるのかの判断にも時間がかかって決断する事が出来なくなります。電車なども乗り過ごすごしたり、買い物に行っても何を買おうとしたのか途中で分からなくなったりする。

買おうと思っていたものと違ったものを購入して、家に帰って初めてその事に気づいたり、忘れっぽくなったりします。

頭の回転が遅くなり、今日の日付や曜日を思い出せないなど思考力が落ちてきます。

意欲面の変化

何をするにもおっくうになり気力が湧かない。出来ればなんにもしたくない。出来れば外にもでたくない、誰とも話をしたくない、家にこもって寝ていたい。

 身体面の変化

不眠症のイラスト身体がだるく、疲れやすい、食欲の低下、不眠症、頭痛や肩こり、吐き気、眩暈、ふらつきなど自律神経が支配している領域での症状があります。

個人差があり、食欲はきちんとあるが眠れない。逆に良く眠りすぎるなど個人差があります。共通しているのは身体がだるく疲れやすいなどがあります。

行動や態度の変化

これまでは、身なりに気を使っていた人が外見に気を配らなくなる。お風呂に入らず不潔になったり、同じ服を着続けるなど、気力や体力が失われる事により余力がなくなる事で身なりなどが2の次、3の次になります。

ご自身でも不潔になったり、外見に気を付けていない自覚はあっても、身なりなどに気を使うようなエネルギーが不足して疎かになります。

表情も無表情になり、外からみて感情が失われたように見える場合があります。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved