うつ病の原因を知る。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホームうつ病の一般的な症状 ⇒ うつ病の原因

一般的に言われているうつ病の原因

うつ病の脳内神経伝達物質

不安感や無気力感などのうつ病の諸症状の原因は脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの不足により起こるものと考えられています。神経伝達物質は50種類以上存在していてその一部がセロトニンやノルアドレナリンです。

セロトニンは、 ノルアドレナリン や ドーパミン の働きを上手くコントロールし、不安感やイライラを抑える働きがあります。また、不安定な感情を抑制コントロールして精神状態をバランスの良い安定した状態に保ちます。

セロトニンが不足することにより神経活動が低下してイライラ感や不安感が強くなります。

ノルアドレナリンはストレスに反応して脳内で分泌される神経伝達物質です。ノルアドレナリンの役割は交感神経系に作用し、心と身体を覚醒させて集中力や判断力、身体能力を向上させる働きをします。ノルアドレナリンの不足により無気力になります。

これらの説は「モノアミン欠乏仮説」といいます。モノアミンとは神経伝達物質の総称の事です。現在ではこの「モノアミン欠乏仮説」がうつ病の原因として有力な説となっています。

現在使用されている「抗うつ剤」はこの仮説の上に成り立って作られています。しかしながら「抗うつ剤」が効く患者さんと効かない患者さんもいる事も事実ですので現時点では、うつ病の決定的な原因という事ではなく、あくまでも仮説と言う事になります。

うつ病の原因は、脳の血流障害だけではない。

脳のイラスト一般的には、うつ病の原因は脳内の神経伝達物質の不足と言われておりますが、この事に関しては当院でも、脳の血流障害により結果として神経伝達物質が不足する事が原因だという事に異論はありません。

しかし、当院では脳の血流障害だけではなく自律神経の乱れと呼吸が浅くなっている事がうつ病の原因に大きく影響を与えていると考えています。

うつ病の患者さんは、呼吸が浅く息苦しさを感じている場合が多くみられます。施術ベッドにうつ伏せに寝て頂き、背中の動きを観察しますと上下に背中が動いていません。

これは、うつ病の患者さんは肺の周辺の筋肉が硬くなり肺が広がらなくなっている為に起こります。正確には肺だけではなく横隔膜の周辺の筋肉も硬くなる事により呼吸が浅くなっているのです。

脳の血流障害を改善しただけでは、うつ病の改善に顕著な効果は表れにくいのですが呼吸の改善を合わせて行う事で飛躍的に効果が高まります。呼吸が深くなるという事は、詰まるところは脳の血流障害の改善にも繋がっているという事もあります。

特筆すべき事は、呼吸が深く出来るようになるとリラックス感が感じられるようになるという事です。

リラックス感を感じられるようになるという事は極めて大切な事で、リラックス感を感じているというのは、自律神経の副交感神経が優位になっている状態です。

そして副交感神経が優位になっている状態が症状の改善に結びついています。交感神経が優位な状態では症状も改善しません。副交感神経が優位な状態で初めて人は癒されるのです。

自律神経の乱れがうつ病に影響を与えている。

自律神経失調症の症状うつ病の患者さんの自律神経は交感神経が優位な状態になっています。リラックス感を感じない、眠れない、胃の働きが弱っている、そして全身が異常に張りつめてピアノ線のようになっていると例えられます。

この様に張りつめた筋肉の状態は自律神経のバランスを乱します。筋肉が硬直するとその異常な硬直が脳へ信号を送り神経を興奮させて、交感神経が優位になった状態になります。

このような状態が短期間であれば問題がありませんが、長期に渡る場合には自律神経が乱れて、自律神経が支配しているありとあらゆる症状が発症します。

うつ病の原因は3つあると考えています。

当院では、うつ病の原因は大きく分けて3つあると考えています。

1、脳の血流障害により脳の機能が働かなくなっている。

2、呼吸が浅くなりリラックス状態が得られていない。

3、筋肉の異常な硬直が自律神経のバランスを乱している。

うつ病の原因を更に突き詰めると深層筋肉の硬直が原因。

うつ病の3つの原因を更に深く掘り下げていくと、深層筋肉の硬直に行き着きます。深層筋肉の硬直とは身体の深部の硬直です。この深部の硬直があると著しく血流が悪くなります。

1、血流障害により、脳の機能低下

2、肺の周辺の深層筋肉の硬直により呼吸が浅くなる。

3、深層筋肉の異常な硬直により自律神経のバランスが乱れる。

当院では、うつ病の原因を集約すると深層筋肉の異常な硬直による脳の血流障害、肺の周辺の硬直、自律神経の異常な興奮という当院では仮説立てています。

更に分かりやすくいうと筋肉の硬直による血流障害がうつ病の原因だという事が言えます。仮説を元に施術を行う事で多くの患者さんの症状が改善されています。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved