うつ病の行動パターン

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホームうつ病の一般的な症状 ⇒ 行動パターンをチェック

うつ病の患者さんの行動パターン

うつ病になると、ある程度の行動パターンが出来上がります。家族や周りの方は注意して観察する事で、うつ病かどうかをある程度判断する事が出来ます。

人に合う事が嫌になる。

うつ病になる前は社交的な人でも、うつ病になると人と会話をしたり人前に出る事や、親しかった友達にある事も嫌になり、避けようとします。

服装や身なりが変わる。

派手好きな人も、うつ病になると控え目で地味な服装を好むようになり目立たない服装をするようになります。

身なりに気を使っていた人が、気を使わなくなり入浴するのも面倒になるため不潔になる場合があります。

本を読まなくなったり音楽を聴けなくなったり。

本を読む事が好きだった人も、思考能力が落ち頭を使う事を嫌いになります。

音楽も今まで好きだったにも関わらず情報を入れる事が苦手になります。テレビも見るのが嫌になったりします。

出来るだけ外からの情報をシャットダウンしようとします。

 イライラしたり感情のコントロールが出来なくなる。

イライラしたりソワソワして気持ちが落ち着かない。ゆったりとした感情を持てなくなり、周囲へのささいな事がきになり、気持ちが落ち着かなくなる。

集中力がなくなりミスが多くなる。

これまでは、当たり前に出来ていたはずの仕事も一苦労をするようになり、何度も同じ個所をチェックしたり、間違っていないか不安になります。

頭が混乱して、今自分がどこまで仕事を進めていたのか分からなくなる。そして最初からやり直すが途中でまた分からなくなったりと仕事にも支障をきたすようになります。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved