うつ病患者との接し方

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホームうつ病の一般的な症状 ⇒ うつ病患者との接し方

うつ病患者との接し方

うつ病になった事のない方が、うつ病の人の気持ちを理解する事は難しいかと思いますので、まずはうつ病とは、どういったものでうつ病の患者さんの感情や意識、身体の状態、などを理解する事はとても大切な事です。

うつ病の患者さんはとても絶望的な感情や、将来に希望が持てない、やる気がしないなど通常の心理状態とは全く異なりますので、その事を念頭に置く必要があります。

うつ病はどういうものなのかを理解する。

うつ病になった人でないとうつ病の心理は理解する事は困難です。とにかくうつ病は本人にとって非常に辛いものです。うつ病で自殺する患者さんが多いという事も念頭におくべきです。それほどうつ病患者さんは苦しんでいます。

多くの書籍が出ていますので、まずはうつ病がどういった病気なのかを理解する事から始める必要があります。

ストレスから距離を置く

多くの場合には、仕事や人間関係でストレスを感じてうつ病になる場合が多いのです。うつ病になるような人は、責任感が強く、まじめな性格です。

手を抜く事が出来ない為に、ストレスが蓄積してうつ病を発症したのかもしれません。家族であれば、思い切って会社を休んで治療に専念させる事を勧める事も必要かと思います。

うつ病になるような方は真面目なので自分の身体と心が限界に達していても、休職する事に抵抗があります。

自分が休んだら、誰が引継ぎをするのか?自分でなければ分からない事もあるために、休職した後の事も考えて休職するタイミングを失います。

会社の上司や家族であれば、「病気の治療だけに専念して、あとの事は心配しないでゆっくりと休んで」というメッセージを本人に伝えて、安心して休息できる状況を作ります。

かなりの軽度の場合には、会社に勤めながら治療という事も考えられますが、ある程度のうつ病の状態では、休息する事が一番です。

仕事をしながら治療というケースはあまりお勧めできるものではありません。治療の効果が表れにくくなります。

本人を励ます事は逆効果なのでやめましょう。

落ち込んでいる様子を見て、頑張れ!くよくよするな!心配しているからね!などの言葉は逆に本人に負担をかける言葉です。

本人は、これまで精いっぱい頑張ってきて病気になったのです。頑張れるだけ頑張ってきたのですから、これ以上頑張れという言葉はとても負担になりますので注意する必要があります。

くよくよするな!と言う言葉は本人はくよくよしたくて、そうなっている理由ではありません。元気になりたいと思っていても本人にはどうしようもないのです。

心配している!と言った言葉も人に心配をかけている自分がいるという事が負担に感じますので、この言葉も禁句です。

ましてやしっかりしてね!などの言葉は本人は否定された気持ちになるので注意してください。

とにかく本人が負担になるような言葉を回りの人は発しない事が必要です。それよりも「何にも心配しなくていいから何にも考えずに、ゆっくり休んで」と言ってあげましょう。

余り、いろいろとああしたらこうしたらなども負担になりますので、つかず離れずに暖かく長い目で見守るような姿勢が大切です。

家族や廻りの人も、ある程度開き直りの精神を持つことが大切です。焦っても早く治る事はありません。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved