坐骨神経痛の整体による改善方法

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

ホーム ⇒ 坐骨神経痛の殆どの原因は梨状筋症候群

坐骨神経痛の痛み痺れは神経や血管の圧迫

坐骨神経痛のイラスト1.坐骨神経痛の原因の90パーセントは梨状筋症候群
  1-1.坐骨神経痛とされる主な種類
  1-2.坐骨神経痛の実際の原因
2.「梨状筋症候群」による坐骨神経痛の症状
3.軽度坐骨神経痛の症状は自分で治す事が出来る
4.坐骨神経痛は深層筋肉を緩めると改善する
5.食事の量を減らして坐骨神経痛を改善す
6.なぜ坐骨神経痛になってしまったのか?
7.坐骨神経痛になってしまった理由-2

坐骨神経痛の90%は梨状筋症候群

坐骨神経痛の原因と言われるものには以下のような種類があると言われております。

  1. 腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛
  2. 梨状筋症候群による坐骨神経痛
  3. 腰椎分離症や腰椎すべり症による坐骨神経痛

しかしながら当整体院で施術経験から殆ど全てと言ってよい程「梨状筋症候群」が坐骨神経痛の原因となって痛みや痺れを発症しています。

坐骨神経痛の原因とされる主な種類

坐骨神経痛の原因には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症・分離症、梨状筋症候群が主要なものとされています。梨状筋症候群意外の詳細を知りたい方は以下の図をクリックして頂けると思います。

座骨神経痛の原因とされる種類

▲上へ戻る ↑

坐骨神経痛の実際の原因

全ての坐骨神経痛が「梨状筋症候群」とは言えませんが、まずお尻や太ももや脛の痛みや痺れがある場合には「梨状筋症候群」を疑ってみる事が無駄な治療を避ける為に必要な事だと言えます。

ここまで当整体院が断言するには理由があります。これまでお尻から足先までが痺れると言う事で訴えてこられたクライアントさんで腰椎が原因とされる症状は一例も無かったからです。

もしかすると腰椎が原因(腰脊柱管狭窄症、坐骨神経痛腰椎分離、腰椎すべり)のクライアントさんが偶然、当整体院に来店されなかったと言う事も一因だと思いますが施術経験上、殆どの坐骨神経痛の原因は主に梨状筋症候群(お尻の硬直)だと思って良いと思います。

「梨状筋症候群」以外の原因での坐骨神経痛の場合にはMRIやレントゲンで映像として映し出されると思われますので、まずは病院で検査を行い診察を受けることが坐骨神経痛の原因を明らかにする上で大切だと思います。

それでも原因が見つからない場合には「梨状筋症候群」と思って間違いが無いでしょう。「梨状筋症候群」とは簡単に言い換えればお尻の筋肉の硬直により神経が圧迫を受けて痛みや痺れが起きる場合を言います。

お尻の筋肉の硬直と言う事を一般の方は理解しずらいと思いますが、筋肉が硬直すると骨と同じ様な硬さになります。その骨の様な硬さになった筋肉で神経を圧迫することにより脚がしびれたりお尻が痛くなったりするのです。

整体のポイントお尻の筋肉と言っても範囲が広いので理解しずらいと思いますが、理解して頂く為に右のイラストをご覧ください。

右のお尻の腰骨(腸骨)のラインが見えていますが、その直ぐ下に白い丸で示した場所が酷く硬直している部分になります。

この部位の硬直が坐骨神経痛の症状を発症している場合が殆どなのです。腰骨の直ぐ下だけではなく仙蝶骨(動物であればしっぽの部分)の際が硬直しています。

特に骨の近くの際の筋肉というのは中間部の筋肉と比較して動く範囲が限られている為に老廃物が蓄積しやすい為に硬くなりやすいという傾向にあります。

▲上へ戻る ↑

「梨状筋症候群」による坐骨神経痛の症状

「梨状筋症候群」により硬くなった筋肉で坐骨神経が圧迫されると、当然お尻や下肢が痺れを起こします。坐骨神経痛の症状が初期の頃であれば痺れとお尻の周辺だけの痛みで済んでしまうのですが、長期に坐骨神経痛の症状を放置しておくと下半身への血流が悪くなり症状もバラエティーに富んできます。

特にこのお尻の筋肉というのは他の部位に比較して大きな筋肉です。この筋肉が硬直することにより、お尻の部分で血管も締め付けられて下半身の血流が著しく悪くなります。その結果、老廃物を回収する事が出来なくなり以下のような症状も合わせて起こる場合があります。

  1. 太ももや脹脛が硬くなる。
  2. 脚が重く感じる。
  3. 脚先が冷える。
  4. 膝裏が硬くなる。(高齢になり膝が痛くなります)
  5. 女性の場合は脚がむくむ。
  6. 歩くと左右の脚の長さが違っている感じがする(お尻が硬くなると硬い側の脚が短くなる)
  7. 人によっては股関節部まで硬直が広がり、長く歩くと股関節が痛くなる。
  8. 椅子に座りっぱなしの場合に直ぐに立てない。
  9. 硬い床に寝ると尻尾が痛くなる。

他にお尻の周辺が極めて酷く硬直する事で以下のような事も起こる場合があります。

  1. お尻の深部がムズムズして気持ち悪い。
  2. 冷え性
  3. 生理痛
  4. 不妊症
  5. 骨盤の歪み
  6. 胃の不調
  7. 婦人科系の病気

上記の例にある不妊症などは坐骨神経痛と関係がないと思われていますが、当整体院では不妊症の原因は子宮周辺の血流障害だと考えております。

実際に何年間も不妊症で悩んでいた方のお尻が酷く硬直していましたので、「恐らく筋肉を緩めて血流を改善して子どもが住める環境を整えれば妊娠されるのではないかと思います」とお話ししてわずか5回ほどの施術で6回目の予約日には連絡があり「妊娠した様なので整体は見合わせます」という電話を頂きました。

その他、私も意外だったのですが坐骨神経痛と股関節周辺の凝りを緩める施術をしていた方が、「お恥ずかしいはなしですが、痔の手術をしようと思ってたのですが、こちらに来て大分改善されました」と喜んで頂きました。この方は尾骨の周辺が非常に硬直していて肛門周辺への血流が悪くなっていたのが原因だと判断しました。

などお尻の周辺の血流が悪くなる事で坐骨神経痛だけではなくさまざまな症状に発展する可能性がある事を認識しておく必要があります。

▲上へ戻る ↑

軽度の坐骨神経痛の改善方法

はつらつ元気掲載写真 軽度の坐骨神経痛の症状であるかどうかは一般の人では判断しづらいと思うのですが、試にやって頂きたいのは先ほどのイラストにある白い丸の部分を握りこぶしを作りトントンと強めに叩いてみて下さい。

そうすると坐骨神経痛の症状である特有の痛みや痺れを感じる場合とまったく感じない場合があります。痛みや痺れを全く感じないというのは軽度と感違いするかもしれませんが重度の坐骨神経痛で、あまりにも血流が悪く慢性化し痛みや痺れさえも感じられなくなっているのです。

この場合には自分では坐骨神経痛の症状を改善する事は殆ど不可能なので当整体院に来て頂くのがベストだと思います。一方で痛みや痺れを感じる場合には軽度から中度になります。

ボールで坐骨神経痛を改善軽度の痛みや痺れの場合には坐骨神経痛を自分で治す事ができます。その方法はソフトボールを使います。ソフトボールを床に置きその上にお尻を乗せます。

(右の写真は”はつらつ元気”で当整体院が掲載された時のものです。写真をみて参考にしてみて下さい。) ボールの上にお尻を乗せて5秒程乗せて他のポイントにずらせてこれを繰り返します。

合計5分~10分程行うと徐々にその痛みが最初は鋭く感じた痛みもマイルドな痛みに感じてきます。 お尻の蓄積した老廃物が刺激と共に流れていった証になります。

毎日やっているとやがて痛いけど気持ち良い程度になり、気持ち良いになり、特に痛くも気持ち良いもない状態になったら坐骨神経痛の症状が後退しています。

坐骨神経痛になってしまった人の対処法

坐骨神経痛になってしまった人は当整体院に来店頂ければ、殆どの方は坐骨神経痛の痛みや痺れから解放されるのですが、どうしても来店できない場合で取り敢えず楽になりたいと言う方は、以下の体操を試してみてください。

これは私が坐骨神経痛になった時に行って効果があった体操です。人によっては合わない場合もあるかもしれませんので無理をせずに自己責任で行って下さい。

1、まず布団やベッドの上にうつ伏せに寝る。
2、膝を曲げずに伸ばしたまま片足を上に上げる。痛みのある方の脚を約30秒ほど。
3、30秒ほどしたら脚を下して10秒ほど休み、再び同じ様に脚を上にあげる。

上記を取り合えず、5回ほど繰り返してみて下さい。

図を用意しておりませんので、解りにくいかもしれませんがオットセイが尻尾を上げているようなイメージになります。

上記の様にうつ伏せ状態で脚を伸ばし上にあげるとお尻にグッと力が入ります。(この時に坐骨神経痛の方は痛みを感じます)これを繰り返すとお尻に力が入りお尻の力が抜けるような状態になります。

終わってみて坐骨神経痛の症状が楽になっていれば、これを何度か繰り返してください。あくまでも自分で良さそうな感じがする、坐骨神経痛の痛みが楽になった感じがするという方は、時間をおいて繰り返すと更に坐骨神経痛の痛みが改善されるかと思います。

少しやってみて様子をみて下さい。あくまでも自己責任でおこなって下さい。

▲上へ戻る ↑

坐骨神経痛は深層筋肉の硬直を緩めて改善。

当整体院では坐骨神経痛の改善は難しいと感じていません。殆どの方は初回の施術にてかなり軽減しています。軽度の場合には一度の施術で坐骨神経による症状は殆ど消失します。

当整体院の施術は深層筋肉を意識した施術を行っている事が最大の特徴です。一般のマッサージや整体では筋肉の表層部へのアプローチのみでしかない為に、施術の効果が一時的です。しかし当整体院の施術では身体の奥深くにある深層筋肉に対して深く力が浸透するような施術をおこなっています。

深層筋肉とは骨格に近い部位の筋肉でこの深部の筋肉の硬直は極めて少しづつ形成されて現在の年齢が50歳の人は50年の凝りを蓄積されています。

しかしこの深層筋肉に蓄積された疲労物質を流し筋肉の柔軟性を取りもどす事により、ダイナミックな血流の変化を起こし、坐骨神経痛の痛みや痺れ感を改善することができるのです。

血液がスムーズに流れていると言う事は病気の元を作らないと言う事です。病気の殆どの原因というのは血流障害です。血流障害の改善を行うと殆どの症状は改善します。

一度深層筋肉を緩めると形成するまでに数十年の時間が経過しておりますので逆を言えば、なかなか元に戻らないと言う事になります。例えば肩凝りなどは改善しないと思い込んでいる人が殆どですが、表面の筋肉しか緩めるような施術を誰も行っていないからです。

当整体院で肩凝りから解放された方は、マッサージや整体に通わなくても良くなりますのでプライスレスです。どこへ行っても改善されなかった方はどうぞ当整体院へ足を延ばしてみて下さい。

▲上へ戻る ↑

食事の量を減らして坐骨神経痛の改善する。

当整体院では小食、もしくは断食を推奨をしています。当整体院に来店される患者さんの筋肉は間違いなく酷く硬く、硬いだけではなく筋肉の質が酷く悪くなっています。筋肉の質というのは非常に個性があり長年いろいろな筋肉を触っていると筋肉の質が悪いと改善しずらいと言う事を経験しています。

筋肉の質には、骨のように硬いところと柔らかい部分が混在したようなデコボコした感じ、筋肉に粘りっけを感じ車のタイヤを触っているような感じ、筋肉が締まっていてゆとりが無い様な感じの筋肉があります

このような感じの筋肉はとても不健康な筋肉です。良質の筋肉はゆったりとしていて柔軟性があり弾力性があります。触っていてもこちらの方が癒される感じになります。

筋肉の質が悪ければ整体を行っても効果が半減してしまいます。ある程度整体により筋肉の質も改善されてゆくのですが、基本的には日ごろの食事の量が関係しています。

食事の量を減らしてもらうと筋肉がリラックスしてゆったりとした感じになり整体の効果が非常に出やすくなります。また気持ちもゆったりとした精神になります。

私自身が断食を繰り返したり、小食をすることにより吐き気、胃の不調、肝臓の鈍い痛み、脳の疲労感、心臓の気力の不足感、全身の疲労感、イボ、肩凝りや他の部位の凝りによる不快感を改善してきましたので断食による効果を強く感じています。

上記の症状をほぼ3カ月間で改善する事ができました。断食を3日と5日間、それ以外は一日に1食から2食にしたところ肩凝りが改善されて肩凝り感を感じなくなりました。そしてイボも小さくなり、それ以外の症状は殆どなくなってしまいました。

時々、間食をしたり食べ過ぎると体調が悪くなります。ほぼ確実に身体に出てしまいます。

食事の量を少なくすると筋肉が柔らかくなります。筋肉が柔からくなると血流が良くなりさまざまな不調が改善されて行きます。

坐骨神経痛も原因の根本は筋肉が硬直する事による血流障害です。是非小食や断食を経験してみて下さい。小食や断食にかんする情報は是非ネットで調べて頂くと、さまざまな情報がありますので自分に合った方法をされると良いかと思います。

▲上へ戻る ↑

坐骨神経痛になってしまった理由

坐骨神経痛の痛みや痺れは筋肉の硬直により神経を圧迫していることにより症状が出てしまいます。筋肉が骨のような硬さになってしまい神経を圧迫している事が原因です。そして痛みはお尻の筋肉の硬直による血流不足で老廃物が回収できなくなってしまいその老廃物が筋肉を硬くさせて痛みを発生させます。

坐骨神経痛になった理由はお尻の奥深くがなぜ硬くなってしまったのかと言うことが、その理由です。筋肉が硬直してしまう理由は、その硬くなった筋肉に常に力を入れっぱなしにする癖があるからです。肩こりも首凝りも理由は同じです。

また精神的な緊張で体が硬直してしまう場合もあります。隣に嫌いな人がいたり、上司が常に座っていたりする職場では緊張を感じないようにするために体を硬くさせ不快感を感じなくさせます。さらに呼吸を浅くすることにより嫌なことを感じなくしています。

体を硬くさせて呼吸を浅くさせるというのは、ある意味で死に近づくような行為です。体を緩め呼吸を深くすると言うことは感じ易くなるという事です。坐骨神経痛の場合における一番の原因は、立っている時にバランスと取るためにお尻に力を入れる癖がある事が一番の理由です。

たとえば台所仕事のときに左右どちらかの脚を軸にしてお尻に力を入れていませんか?こういった行為は何十年もの間行われています。その数十年の行為を続けた結果、極めて少しづつお尻の奥深くの筋肉(深部筋)が骨のような硬さになり、神経を圧迫したり血流が悪くなったりして坐骨神経痛の症状が出始めます。

短時間このような行為では硬くなることはありませんが、ポイントは長時間にわたり力を入れっぱなしにする行為で筋肉が硬くなります。日常生活で自分の行為をチェックする必要があります。このような癖をやめたところで坐骨神経痛が治るわけではありませんが、より酷くならない為に癖を治す必要があります。

坐骨神経痛になってしまった理由-2

体に力を入れるにはちゃんとした理由があります。たとえば怪我をした場合にそこに力をいれると痛みを感じにくくなります。坐骨神経痛の方も日常性生活で立っている時は、何気にお尻や、太もも、脛などに力を入れています。そうすることで、不快感を感じなくしているのです。

体の力を全部、抜き切ってみると腰の痛みを感じたり、股関節が痛かったり、どこかに痛みをかんじませんか?痛みを感じにくくする為に力を入れ続けます。その結果筋肉が硬直して坐骨神経痛の原因を作ってしまいます。

その他には体のバランスが悪く猫背であったり、左右の筋肉のバランスが悪いと倒れそうになる為に、脚やお尻に力をいれ踏ん張る事でバランスを取ることが2つ目の理由です。体のバランスを整える為に骨格の調整やストレッチ、ヨガなどを始める人は多いのですが、まず効果はほとんどありません。

なぜならば、上記のような事に効果を発揮する事ができる人はある程度の健全な筋肉の状態にある(柔軟性のある筋肉)人のみだからです。運動をしても、温泉に入っても、ストレッチ、ヨガ、カイロなどを行っても意味がなく、問題は筋肉の硬直を緩める事が大切なのです。その為に効果があるのは小食や深部筋を緩める施術です。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved

脊柱管狭窄症 ヘルニア すべり症