心身症と自律神経の違い|武蔵野市吉祥寺の整体院

武蔵野市吉祥寺本町の「てぴあん整体」 自律神経・うつ・パニック武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体」|自律神経・うつ・パニック

ホーム自律神経の症状 ⇒ 心身症と自律神経の違い

心身症とは自律神経との違い

心身症と自律神経の違いの説明心身症の定義は「身体疾患の中でその発症の経過に心理・社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態。ただし、神経症やうつなど、他の精神障害に伴う身体症状は除く。」

心身症は心理的な問題や悩みが身体の症状として表れはっきりとした病名(気質的障害)が、診断される。一言でいうと「心による身体の病気」ことです。

特定の病気とは狭心症、十二指腸、高血圧、胃潰瘍、糖尿病などで本来は身体病と考えられるが、これらの病態に至るにあたって心理的なストレスや社会的な因子が深く関連している場合には心身症と判断される。

また、頭痛や眩暈などのように検査において数値的な測定結果は得られないが明らかに機能的な影響(機能障害)を受けている、場合も心身症という判断になります。

心身症も自律神経も、いずれも心理的若しくは社会的な因子によるストレスを受ける事が原因となっていますが、心身症は特定の病名がつくあるいは機能障害がある一方で自律神経は特定の病名がつくことはありません。

また、自律神経では生まれながらの器質やライフスタイル、さらには心理的なストレスが加わる事により起こる場合と心理的なストレスとは無関係に器質的な問題のみで起こる場合があります。

心身症と自律神経の違い

頭痛や眩暈・心身症の特徴は

特定の臓器など例えば十二指腸などに症状が表れる。

器質的な問題ではなく心理・社会的な因子に影響を受ける。

明確な病名(狭心症、十二指腸、高血圧、胃潰瘍、糖尿病)がつく。

若しくは頭痛や眩暈などの機能障害が認められる。

・一方自律神経の場合では

全身に症状が表れる。

特定の病名がつかない。

症状が消えたり現れたりする。

症状が表れる部分が変化する場合がある。

器質的な問題のみで起こる場合がある。

心身症と自律神経の施術法の違い

心身症は十二指腸や胃潰瘍、狭心症などのように「明らかに身体に表れる病気」ですから薬物療法で施術などを行いながら、合わせて心理的な問題にアプローチして行く必要があります。

一方自律神経の場合には明らかな不調があっても「身体的な異常が認められません」ので、心理療法的なアプローチが必要とされ薬物はあくまでも補助的な役割とされます。

ストレスのイラスト自律神経は病名がつくだけの身体的な異常は認められないとしても、明らかな自覚症状での不眠や脳の疲労感、頭痛、めまい、吐き気などがみられます。

これらの多くは東洋医学的には未病といいます。検査では病気として表れないにしても、いずれ病名がつき検査にも現れる前兆だと考えられます。

このように原因が明確でない、特定されない場合の多くはストレスやオーバーワーク、生活習慣の方より、などが主な原因ですが多くの場合に、このような状態の身体は血流が極めて悪くなっています。

住所・電話番号・営業日

↓クリックすると料金案内・アクセス・予約方法などの詳細ページにゆきます。

住所:武蔵野市吉祥寺本町1-34-15 電話:0422-22-1601 営業時間:AM10:00~PM19:00

▲上へ戻る ↑

てぴあん整体の施術室

施術後の感想

呼吸を改善すれば自律神経のバランスが整う呼吸を改善すれば自律神経のバランスが整う

ユーチューブユーチューブ

自律神経と関連深い項目

頭部

首・胴部・腕

お腹・腰・足

はつらつ元気に掲載されました

はつらつ元気 腰の名施術師

施術後の感想

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体」All Rights Reserved