不眠の薬|武蔵野市吉祥寺の整体院

武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体」|自律神経・うつ・パニック武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体」|自律神経・うつ・パニック

自律神経を整える薬の処方

病院での不眠の施術には、薬を使わずに主に生活習慣を改善する非薬剤療法と薬を使っての薬剤療法があります。

不眠の薬剤療法というと、多くの方が思い浮かべるのが睡眠導入剤、いわゆる睡眠薬で、多量の摂取や依存性などなぜだか少しマイナスなイメージがあるのではないでしょうか?

でも実は、睡眠導入剤以外の薬も存在していて処方されていますし、また少しマイナスイメージの強い睡眠導入剤も用法用量をしっかり守れば気持ちを穏やかにしてくれて安心して眠ることができるように私たちをサポートしてくれます。

病院でも漢方薬が処方される場合もあります。

漢方というとあまり不眠への対処というイメージはないかもしれません。どちらかと言えば体質改善や婦人病への対処というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、不眠への施術としての漢方薬は注目を集めており、特に内臓の働きやホルモンバランスを整えるという意味での体の根本改善には適当な処置となります。

睡眠導入剤の直接睡眠を誘導するものとは違って、睡眠の障がいになっている体の悪いところや精神的に不安定な部分を改善してくれる漢方はとてもオススメです。

眠れないまたは夜中によく目が覚めてしまう、または目覚めが悪く疲れが取れないなど症状によって処方される薬が変わってくるのが特徴です。

自分の症状を率直に伝えることで、自分にとって適切なものが処方されます。 代表的なもので言うと、寝つきが悪い人や悩みが多く考え込むことの多い人への「柴胡加竜骨牡蛎湯」や疲れやすく眠りが浅い方への「加味帰脾湯」などがあります。

最近では、自律神経や不眠にも漢方薬を積極的に処方している内科などもありますので、漢方薬を希望する場合にはあらかじめ漢方を処方して貰える病院を調べておくと良いでしょう。

自律神経に効果的な漢方薬

医院では睡眠導入剤が一般的

薬の服用また、先ほどの通り、眠りにつけずに悩んでいる方の多くに処方されるのが「睡眠導入剤」です。簡単に言うと、様々な理由で眠れない人たちに薬のもつ力で睡眠へと誘導を行います。

代表的なものは、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系、メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬などがあります。

それぞれ薬の強さや持続性が異なり、副作用なども変わってくるので、しっかりと自分の現状を医師に伝え、相談を経て用いるようにしましょう。

また当然ですが、その際用法用量を守ることが自分を守ることになりますので、その部分は自分で自分を守るようにしましょう。

一時的な不眠には頓服や軽い安定剤が処方されます

病院のイラストさて、先ほどから書いていますが、それでもやっぱり睡眠薬への不安が大きくなかなか服用には勇気がいると考えている方も多いです。

確かに睡眠薬を大量に服用し自殺を図ったという話や依存性が強くどんどん強いものの服用を求めてしまうという不安も昔はありました。

実は今現在病院で処方される薬の多くは以前のものとは性質の異なるものであり、また服用についての制限も厳しく設けられているのでしっかりと約束を守っていれば大丈夫です。

特に、一時的な不眠など軽い睡眠障がいの場合に処方されるのは精神安定剤です。 睡眠の妨げになるような精神の不安定やイライラなどを一時的に取り除いてくれリラックスをさせてくれるものとなります。

もちろん必ず医師の指導の元服用をしてください。不眠と精神の安定は大きく関わっており、ストレスは不安を抱えることの多い現代ではその理由での不眠が多くみられます。

賢く医師や専門機関、薬に頼りながら自分の心と体を整え、ゆくゆくは自分の力でストレスのない毎日を送り、そしてリラックスした良質な睡眠を得られるように努力をしてもらえればと思います。

病院で処方される自律神経に効果的な西洋薬

▲上へ戻る ↑

住所:武蔵野市吉祥寺本町1-34-15 電話:0422-22-1601 営業時間:AM10:00~PM19:00

てぴあん整体の施術室

施術後の感想

呼吸を改善すれば自律神経のバランスが整う呼吸を改善すれば自律神経のバランスが整う

ユーチューブユーチューブ

自律神経と関連深い項目

頭部

首・胴部・腕

お腹・腰・足

はつらつ元気に掲載されました

はつらつ元気 腰の名施術師

施術後の感想

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体」All Rights Reserved