自律神経失調専門の整体院|武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体院」

武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体院」|自律神経失調症・うつ病・パニック障害武蔵野市吉祥寺の「てぴあん整体院」|自律神経失調症・うつ病・パニック障害


あなたは、こんな風に感じていませんか?

検査では異常はないと言われたが痛みや苦痛が襲ってくる

この状態が続く事に将来不安に感じている

家事が思うように出来ずイライラし自信を失っている

この辛さを誰かに分かって欲しいけど理解されない

解決策がみつからず時間だけが過ぎてゆく

あなたの辛い症状は、どんな感じですか?

呼吸が浅く常に息苦しさを感じている

食後や、ふだんから吐き気があり気持ちがふさぐ

漠然とした不安感があり時々不整脈がでる

常に疲れていてリラックス感を感じられない

自律神経の乱れで複数の症状がある

もしあなたが上記のような自律神経失調症と言われる状態でお悩みでしたら、このページはあなたにとってお役に立てると思います。当整体院ではお客さまから以下のようなお客さまの感想を頂いております。

 

お客様の声

 

患者さまの顔写真自律神経失調症・不眠症・疲労感
症状:自律神経失調症・不眠症・疲労感の悩み

患者さまの顔写真 32歳不眠症・うつ病・慢性的な疲労感
症状:息苦しさ、不眠症、うつ病、全身疲労感、足首の痛み


はじめまして!

わたしは武蔵野市の吉祥寺で自律神経失調症の整体院を行っています松原大治(まつばら たいじ)と申します。

みなさんが辛い症状を経験しているようにわたしも、多くの自律神経の乱れによる症状で悩まされてきました。

少しだけ私の自己紹介をさせて頂ければと思います。

松原大治(まつばらたいじ)

1962年 徳島県美馬市生まれ

わたしは幼稚園のときに不注意により大変な事故を起こしてしまいました。この事がストレスになり小学生の5年生の時にハッキリと記憶している事があります。

それは「人ってなんでこんなに苦しいのに生きているのか」そのような事をほんとうに小学生の5年生の時に感じていたのです。

そのような状態が30歳まで続き、この時期がバブルで仕事が激務になり身体は悲鳴をあげていました。家に帰りちょっと一休みと思いスーツ姿のまま布団に倒れこみ一瞬目を閉じたかと思い、目を覚ますと翌日の朝になっていたという経験をしました。

これはもうさすがにだめだと思いました。

そして薬局に行き薬剤師さんに相談すると「あなたはこういった体質で虚弱体質だ」と言うような事をいわれ2種類の漢方薬をすすめられました。

3日坊主の私が半年間、一回も忘れずに漢方薬を服用した事で体調が良くなり、本来の健康な状態を知る事が出来ました。しかし2~3か月もすると元の木阿弥でした。

zこのあたりから自分の身体に対する関心が高まり、ありとあらゆる療法を試したり精神的なセミナーにもたくさん参加しました。

自分で改善しようとヨガにはまり3年間一日も欠かさず一日に5~6時間ほど行いました。そういった経験が整体の仕事をするベースとなり現在に至っています。

現在は、わたしが過去に苦しんだ症状と同じような症状をお持ちの方のために役に立てる事が喜びとなっています。

効く~痛いけど気持ち良い 深層筋肉弛緩療法

あなたがこれまで一度も体験した事のない体の奥深い部分の筋肉への刺激。まさに「そこ!そこ!」と思わず声をあげたくなるほど深部に効く深層筋肉弛緩療法が自律神経の乱れによる症状や苦痛を解き放つ。

深層筋肉とは・・・

まさに身体の深部で骨格に近い部分の筋肉だけど、ハッキリと浅い筋肉と深部脳内は分かれているわけではありません。

check➡深層筋肉を緩めると何故身体にいいの?

硬くなってしまった筋肉は深部にいくほど硬くなっています。この深部の筋肉は表面に近い筋肉の硬さを支配しています。ですから深部の筋肉を緩めなければ柔らかくなったようでもすぐに元の状態に戻ってしまいます。

「マッサージに行った日は楽になったけど翌日はもとの状態になってしまった」というような事は多くのお客さまからお聞きしますが、それは身体の表面に近い筋肉しか緩んでいないからです。

深部の筋肉を緩める事により効果の続く時間が長く続きます。

また、深層筋肉は骨格を支えています。

ですから深層筋肉を緩めるという事により骨格の位置が正常化されます。次に骨格の歪みについて述べさせて頂きます。

check➡でも骨の歪みは良くならないのでは?

よく言われる事で「骨格のひずみ」などという事をいわれますね。
しかし、よく考えて頂ければみなさんも分かるかと思いますが、「骨格がひずむ」って骨自体が曲がるのではない事は知っていますか?

背骨は首は7個、胸は12個、腰は5個と言う風に数センチの小さなブロックが積み木のように積み重なっています。

ですから骨自体は歪まないです。

check➡それでは何故姿勢などが悪くなるの・・・

骨ではなく骨の周りの筋肉が硬くなり、硬くなる事で筋肉が縮んだり膨れたりします。そして縮んだ筋肉が骨を引っ張ったり、膨れた筋肉が骨を押したりして結果として姿勢が悪くなったりします。

たとえば極端に説明すると右のお尻の筋肉が硬くなると縮んだままになり、右の足が左に比べて短くなったようになります。

酷くなると左右の足の長さが違ったように感じ歩きづらさを感じる方もいらっしゃいます。

こういった状態でも右足を引っ張れば簡単に左右同じ長さになりますが、時間が経過すると右の足が短くなります。

check➡筋肉を緩めると骨格のひずみが治るの・・・

そういう事になります。要は骨格の矯正=筋肉の矯正と言い換える事ができます。

よく、身体をねじったり引っ張ったりして矯正をしますが、何が変化をしているのかというと筋肉が伸びて緩み骨格の位置が戻るという訳です。

しかし、筋肉を一瞬の力で伸ばすような事をしても深部の筋肉が深く緩んでいない為に、すぐに元に戻ってしまうのです。

ですから体の深部の筋肉を何が何でも緩めなけらばならないのです。

深層筋肉をなぜ緩める必要があるのか?

Memo➡深層筋肉を緩める重要性

いた気持ち良いという感覚をマッサージ店などで感じた事があるとおもいます。 なぜ痛いけど気持ち良いのか? 実はこの快感というのは神様が私たちに与えてくれた体のシステムです。

いた気持ち良いという状態がなぜ起こるのかというと、筋肉内に留まっている老廃物が筋肉から離れていくときに気持ちが良いという快感物質を脳内から分泌されるのです。

ですから痛気持ちよい=身体から老廃物が排出されて良くなっているという状態ですから、この状態を体験する事はとても身体にも心にも良いことなのです。

通常のマッサージなどにおいてもこのような状態を体験する事は出来るのですが、体の表面を緩めるだけになっているので緩んだ筋肉も翌日にはもとの木阿弥状態になっていませんか?

ここで必要になってくるのが深層筋肉を緩める必要性が出てきます。

筋肉というのは深部筋と表在筋というのがあり、表在筋の硬直は深部筋に追従します。つまり深部の筋肉が硬いと、おのずと表面の筋肉にも影響を与え硬直しやすいという事になります。

この療法というのは当院のオリジナルの療法なのですが作為的に生み出したものではありません。

自律神経失調症の患者さんにとって一番必要とされる事を行っていると、どうしても深層筋肉を緩める方法以外の方法が見つからなかったという訳なのです。

Memo➡ストレッチやヨガの限界

わたしは、過去に3年間一日も休まずにヨガを一日5~6時間おこなっていました。信じられないかもしれませんが、少しづつ自分の身体が柔軟性を帯びて楽になる事を感じていましたし苦ではありませんでした。

むしろ、いつまでもやりたいと思っていました。そして3年間やり続けて感じた事は身体の表面は緩んでも体の深部は緩まないという事が分かりました。

当院に来店されるお客さまも多くの方がヨガを行っていて同じことを口にします。身体の表面はある程度柔らかくなったけど身体の奥の方の筋肉が伸びないと言われます。

筋肉を伸ばして緩める事には限界があるという事を身をもって理解しています。その深部の筋肉を緩めるためには深層筋肉を直接刺激して緩める他ありません。

テクニックで解決する問題ではないのです。地味な作業で少しづつ深部の凝りを緩める以外にないと思い現在の深層筋肉弛緩療法を行い続けています。

深層筋肉を緩めると悪い状態に戻りにくい

お客様へのインタビュー

 当院に来店された時の症状やキッカケを教えて頂けますか?

 精神疾患で2か月休職し、仕事に復帰したにも関わらず、再度休職に。向精神薬による治療の不信感や「この病気とはずっとつき合う事になる」との医者の何気ない言葉に傷つき、今後の道筋がみえず途方にくれていた時、たまたま、てぴあんのHpが目に入りました。

「深層筋肉を緩める」というシンプルで的を得た考え方が腑に落ち、これがきっと解決策に違いないと直観し「てぴあん整体院」に訪れました。

 深層筋肉弛緩療法を受けた感想を教えて頂けますか?

 吐き気がひどかったので、一回目は、胃の裏側を中心に緩めてもらったら、その日から食欲が回復しました。そして、骨のように硬くなっていた首や背中の深層筋肉も、何回か施術を受ける事によって、徐々に緩みだし、それに合わせて呼吸が楽になりリラックス感もでてきました。

睡眠障害は、最後まで苦戦しましたが、両足もふくめ全身の深層筋肉が緩んでくると、治療3か月くらいから、安定してきました。

 当院の整体をどのような方にお勧め出来ると考えていますか?

 松原先生の施術には、本当に患者を治そうという真剣さやひたむきさが感じられます。一度施術を受けてみれば、その本気度は他の整体の比ではないと感じるでしょう。

患者も、先生に治してもらおうという受け身の姿勢ではなく、自らも努力して治すという積極性を持つ必要があると思います。

努力する患者に対しては、先生は様々な治療法(断食、ペインクリニック、漢方服用、ゴムボールの活用法)を提案してくれます。こころを治すことに戸惑いや難しさを感じている方、これまで様々な治療を試みた方に「てぴあん整体院」をお勧めします。

深層筋肉を緩める事で得られる7つのメリット

呼吸が深く出来るようになる

リラックス感を感じられるようになる

自律神経のバランスが整う

吐き気がおさまる

漠然とした不安感から解放される

慢性的な疲労感から解放される

脳疲労や頭痛・耳鳴り・鼻づまり・目の痛みから解放

左の背中と胃の裏側が凝りにより膨らんでいる写真

効果その①
呼吸の深さが変わり、楽に呼吸が出来るようになる。

上にある画像は来店されたお客さまをうつ伏せ状態で頭部側から撮影したものです。左右の背中の高さの違いが明らかなのがお分かり頂けますでしょうか?

この背中は左の背中と胃の裏が凝りにより腫れているのです。この腫れは横隔膜や肺を圧迫して息苦しさを感じさせます。

お腹周り周辺に横隔膜がありますので、胃の裏側がかたくなると横隔膜が動きづらくなります。横隔膜と呼吸は連動していますので、横隔膜が動きづらくなると呼吸も苦しくなります。

そこで胃の裏を緩める事により、その周辺の横隔膜も動きやすくなり呼吸が深く楽なります。呼吸が深くなる事で自律神経のバランスも整うようになります。

また、肺の周辺が硬くなることにより肺が膨らまなくなります。これは分かりやすいかと思いますが、肺に空気が入ってこようとしているのに肺胞が膨らまなくなり呼吸が浅くなります。

呼吸が自然に出来るようになり、呼吸を意識せずに済む。

効果その②
楽に呼吸が出来るようになり、リラックス感を感じられるようになる。

呼吸が浅いと自律神経のバランスが乱れてリラックス感を感じられなくなります。当院で問診するときにリラックス感があるかどうか尋ねる事がありますが、リラックス感が何なのか理解できない人が多い事に驚きます。

誰もがリラックス感があるかというとそうではないようです。リラックス感というのが体感をしていないために言葉の意味が理解できないようです。

このような方は呼吸が浅くなっているためにリラックス感がありません。深呼吸をするとリラックス感を得られるかと思いますが、呼吸とリラックス感は一体です。

リラックス感は大げさに言うと幸福感と直結し快感物質を放出します。

リラックス感を感じれる事でより幸福感を感じやすくなる

効果その③
呼吸が整い自律神経のバランスが整い、自律神経に関連する症状が改善される

これも呼吸とリラックス感と関連しているのですが、呼吸が深くなりリラックス感を感じられるようになった時点で自律神経のバランスは整いつつあります。

自律神経が正常に働いているかどうかの判断はリラックス感を感じているかどうかで、ある程度判断をする事が出来ます。

自律神経のバランが整い始めると自律神経が支配している領域となっている、症状が改善されやすくなります。

不眠症や汗を掻きやすい、体温調整が出来ないなど以下の領域は自律神経が支配していると言われています。

自律神経のバランスが整い症状が改善されやすくなる

効果その④
胃の裏が緩む事で胃の血流が改善されて吐き気から解放されます。

呼吸が浅い人は吐き気を感じるという方が多く、これは先ほどの説明と重複するのですが胃の裏が硬くなると同時に胃の働きそのものが悪くなります。

胃の裏から胃に血液が流れる血管が通っていますので胃の裏が硬くなると胃に流れる血流量が少なくなり胃の働きも悪くなり、自律神経のバランスもみだれてきます。そして消化が上手くできなくなって吐き気という症状となって顕れます。

軽度の吐き気のある方はテニスボールなどを床において、その上に胃の裏が来るようにしてゴロゴロと刺激し上手くできれば吐き気が治まりますので是非試してみて下さい。

吐き気から解放され胃のスッキリ感を感じられる

効果その⑤ 心臓周辺の筋肉が緩んで漠然とした不安感や不整脈、バクバクとした感覚がなくなります

経験則から漠然とした不安感をもっている方やパニック障害の方などは特に心臓の裏側が骨のような状態になっています。

この心臓の裏側が緩んでくるに従い漠然とした不安感から解放されてゆきます。不安感などを感じるのはハート(心臓)なので、その心臓周辺が硬くなることで不安感を感じるようになるのだと理解しています。

さらに当院の患者に「背中が硬くなると不整脈がでるんですよ」という事を言われた事があり、その患者さんの言葉で背中を触ると明らかに心臓の裏側が硬くなっていました。

もしかするとと思い心臓裏の深層筋肉を緩めた事で不整脈が治まった事がありました。この経験が生かされ不整脈の方は心臓の裏を緩めると緩んだと同時に治まるようです。

予期不安、漠然とした不安感、心臓に対する不安感から解放

効果その⑥
筋肉が緩み血流改善する事により必要な栄養が組織に流れて疲労感から解放されます。

慢性的な疲労感は私自身が長年にわたり苦しめられてきた症状です。そしてさまざまな経験により筋肉が柔らかければ慢性的な疲労感は感じないという事が分かりました。

もちろん筋肉といっても深層筋肉の事です。なんらかの病気などが潜んでいれば原因は他にも考えられますが、当院に来店される方の多くは検査などを受けたが異常なしと診断されています。

このような場合に、どう考えるかと申しますと筋肉が硬くなると血流が悪くなる、そうすると必要な器官や臓器、細胞、組織に必要な栄養が行き渡らなくなる。

そうすると身体からのメッセージで栄養が足りていないよ!なんとかしてください。と言うのが慢性的な疲労感だと考えます。

実際、深層筋肉が緩むに従い自律神経のバランスが整い疲労感は軽減されてゆきます。

血流が改善されて疲労回復が早くなりる。

効果その⑦
首筋がゆるみ頭部への血流が改善されると頭部にある器官である、脳や頭痛、耳鳴り、鼻づまりなどが改善される。

首より上部の器官である脳や目、耳、鼻などに不調を感じる方は首筋や後頭部の深層筋肉が硬直しています。

頭部に運ばれる血液は100パーセント首を通らなければなりません。首以外の通り道はありません。

従って首の筋肉が硬くなると首筋で血管が締め付けられて首より上部への血流が悪くなる事は理解しやすいのではないでしょうか?

よく、首筋が硬くなると自律神経失調症やうつ病、パニック障害に悪影響があるという事を当院では言い続けてきました。

首から上部にある器官の症状が改善されやすくなる

待合室・飾り棚の写真

お客様の声

女性:33歳 職業:IT関係

症状:呼吸が苦しい、背中の痛み、疲れやすい、耳鳴り、頭痛、眩暈、肩こり
、耳鳴り(左)足のむくみ

自律神経失調症・呼吸が苦しい・息苦しさが改善された患者さんの感想

呼吸をするのがツラく、常に息苦しくなり色々な病院を受診するも原因がわからずネットで「呼吸 苦しい」と検索すると自律神経系の症状と似ていたので、たまたま見つけた、こちらに来るようになり、初めて来た際に5回くれば呼吸が楽になると言われました。

半信半疑ではありましたが本当に苦しさが軽くなり仕事を辞めず日常生活を送れるようになり先生にはとても感謝しております。

そして月々のメンテナンスが大事だと思いました。今では月に一回のペースになりましたがやっぱり整体(マッサージ→整体に編集)の後はいつも以上に体調が良いです。

女性:33歳 職業:IT関係
症状:呼吸が苦しい、背中の痛み、疲れやすい、耳鳴り、頭痛、眩暈、肩こり、耳鳴り(左)足のむくみ

 

女性:22歳 職業:学生

症状:息苦しさ、喉の詰まり感、倦怠感、肩こり、首凝り

喉の詰まり感や息のしづらさがあり、原因不明の倦怠感や体調不良を感じていました。ネット検索でこちらをみつけ、最初は一週間に一度、そして症状が回復するにつれ一か月に一度通うようにすると2か月半ほどで、ほぼ症状を感じる事がなくなりました。

先生の施術は少し痛い事もありますが、その分必ず効いてくれます。本当にありがとうございました。

女性:22歳 職業:学生

症状:息苦しさ、喉の詰まり感、倦怠感、肩こり、首凝り


当院で得られるメリット その他

当院では、お客さまの身体が健康と取り戻すために必要な知識をもっています。当院の整体だけを受けてもお客さま自身の生活習慣が良くないと元の状態に戻ろうとします。

ですからそのような事がないようにアドバイスを致します。

無理な姿勢の写真

例えば姿勢のアドバイスを致します。

自分では気が付いていないかもしれませんが、多くの方は無理な姿勢をとっています。上記の写真は一見きれいな姿勢に見えますが、とても身体に負担がかかっています。

腰の部分が反っているのが分かりますでしょうか?

この姿勢をとるには常に腰やお尻に力を入れなければできません。そうすると血管が締まり老廃物が腰やお尻に蓄積して硬くなります。

腰痛の施術を行っても、このような姿勢をすると元の木阿弥状態です。ですからアドバイスというものが必要になってきます。

当院では主に自律神経失調症の整体を行っていますが、これらの疾患も腰痛や肩こりも根本的な原因は同じなのです。

坐骨神経痛の施術を行っていた時に「はつらつ元気」で当院の施術ないようが目にとまり掲載を頂いた事があります。

施術後のアドバイスが施術効果を高めるために必要。

深層筋肉を緩めるデメリット①

深層筋肉を緩める事はメリットだけではありません。

デメリットもございますので、その点をご理解いただける必要性があります。

Memo➡好転反応が出やすい

深層筋肉を緩めると血流はダイナミックに変化をします。これまで刺激した事のない部位を刺激しますので血流の流れは一気に変化をします。

そのためにこれまで流れていなかった部位や悪くなっている部位へも血液が流れやすくなります。すると身体は元の正常な状態へと変化をするときに好転反応がでる場合があります。

好転反応の種類

頭痛

通常数時間で終了しますが時には丸一日続く場合、あるいはそれ以上続いた場合も過去に一例だけございます。このような頭痛はめったにありません。

吐き気

吐き気がもともとある方の胃の裏を刺激するとより、吐き気を催すようになる場合があります。特に吐き気の強い人や著しく体力が低下している人は吐き気が出やすいです。

通常は数時間で治まりますが、人により丸一日続く場合があります。この吐き気もめったにありません。

目を開けていられないほどの眠気


これまで血流が悪かった人がいきなり血流がダイナミックに変化し身体が緩むと生体は元の健康な状態を取り戻そうと眠気を誘い活動をさせないように仕向けます。

すべてのエネルギーを健康を取り戻すためにエネルギーに使うためです。できればこの状態のときには爆睡する事をお勧めいたします。目が覚めるととてもスッキリとします。

身体が大きく変わる時に好転反応がある

深層筋肉を緩める時のデメリット ②

深層筋肉は身体の深部にあるために身体に負荷をかけます。そして痛みもあります。

人によっては「気持ちいい~そこそこ」といって喜ぶのですが、一方で痛みを感じる人がいます。この違いは筋肉内の老廃物の蓄積時間によります。

この老廃物がいつまでも筋肉内に留まると筋肉を傷めます。この傷めた筋肉を刺激すると痛みを強く感じます。

しかし、こういった場合は軽く触るようなタッチで刺激しますので無理に強い刺激で行う訳ではありません。あくまでもお客さまに痛みの状態を確認しながら行っています。

暫く弱めで許容できる範囲で刺激をしていくと老廃物は排出され、やがていた気持ち良い状態に変化します。このいた気持ち良い状態は先にも述べましたが良い具合に老廃物が筋肉から離れてゆくときに脳から快感物質が分泌されます。

老廃物が蓄積している間は痛みを強く感じる

当院の失敗した施術経験 ①

当院では施術を行う前に「痛みがあれば遠慮なく言ってください」と話しています。

「強さを調整しますので」と言っていますが、痛みを辛抱して後になって我慢していた事を知る事があり、お客さまに不快な体験をさせてしまった事があります。

そこで当院では、施術中にうるさくならない程度に痛みの状態を確認し気軽に言いやすい雰囲気を作っています。

私もよく中国整体やタイマッサージに行きます。私は特に自己主張できないというタイプなのではありませんんが、なぜか痛みを我慢して言わない事がよくあります。

この事から最初に痛みがあれば遠慮なく言ってくださいと言っても、その都度聞いてもらうと言いやすいという事が分かりましたので当院では、その点を注意して行いたいと思っています。

痛みを都度確認する

当院の失敗した施術経験 ②

出来るだけ初回に効果を実感してもらいたいという風に思ってしまい、思ったよりも強く刺激してしまい翌日にもみ返しが起こってしまった。

当院ではもみ返しというのではなく老廃物が筋肉の表面に浮いてきた状態なのですが、お客さまの感覚からするともみ返しと言われる感覚です。

このもみ返しのような状態というのは、筋肉内に老廃物が浮いてきた状態でその部位に留まっている状態です。当院の近くであればすぐに来店頂き老廃物を流す事ですぐに痛みはなくなります。

しかし遠いところから来店頂いている場合には辛抱して頂くほかなく申し訳ない事をしたと反省をしています。

この経験により効果を早く出したいと思う一方何事も腹八分で治めようと思うようになりました。

人によっては痛くてもしっかりと施術して欲しいと言われますのでその場合には了承を得ていますのでしっかりと施術を行っています。

施術後のもみ返しに注意する

お客様の声

女性:25歳 職業:アルバイト

症状:パニック障害、首凝り、肩こり、頭重感、疲労感、不眠症状

自律神経失調症・呼吸が苦しい・息苦しさが改善された患者さんの感想

女性:25歳 職業:アルバイト

症状:10年以上前から首凝り、肩こり、頭重感、パニック障害、、疲労感、不眠症状
の悩み

女性:39歳 職業:アルバイト

症状:自律神経失調症、不眠症、背中の激痛、腰痛

自律神経失調症・呼吸が苦しい・息苦しさが改善された患者さんの感想

女性:39歳 職業:アルバイト

症状:自律神経失調症、不眠症、背中の激痛、腰痛

女性:67歳 職業:主婦

症状:肩凝り、腰痛、うつ病、不眠症

自律神経失調症・呼吸が苦しい・息苦しさが改善された患者さんの感想

女性:67歳 職業:主婦

症状:30年以上の腰痛、肩凝り、うつ病、不眠症など

時代と逆行している深層筋肉弛緩療法


いまの時代、一般的には体に負担がかからず痛みの部位を触らずという施術が一般的です。

そういった施術が良いかどうかは別としてさまざまな整体院のサイトを見て頂ければ、ほとんどすべての整体院や治療院、整骨院などあらゆる療法はソフトで身体に負担のかからない療法です。

この流れは施術を受けられる患者さんの欲求が治療業界の主流となっている流れを作り出したものだと思います。


この方が治療院も施術に負担がかからず患者さんにも負担や痛みもなく良いことだらけのように思われます。しかし、当院ではその真逆の流れて患者さんの身体に負荷がかかり痛みもあるような整体を行っています。

施術を行う私自身の身体にも負荷がかかり、特に男性などは筋肉の硬直が骨のようで一人の施術が終わると疲労困憊をしてしまいます。

Check➡何故深層筋肉を緩める事にこだわるの?   

なぜ、当院では患者さんにも私にも一見デメリットしかないような施術を行っているのか?と疑問を感じるかもしれません。

それは、そうしなければ実際には良くならないからなのです。

数年前から体調が悪い状態を整体で改善するような事ではなく、当院では10年、20年、30年も苦しんでいる症状を改善し続けています。

このような酷い状態の身体を軽いタッチや瞬時に良くなる事があるでしょうか?

もし主流となっているソフトな施術で良くなるのであれば、そのような施術を当院でも行っています。わざわざイメージが悪い施術を行う必要もありません。

軽いタッチでソフトな施術で良くなっている人が沢山いるじゃないですか?と思われる方もいるかと思います。そのように思われる方は是非、そのような施術を受けてみて頂ければと思います。

Check➡良くなるにもレベルがある。   

良くなったと思いストレスやハードワークが続くと元に戻るのは深いレベルで改善していないからです。例えば一年前は体調がよかったので一年前の状態に戻した状態です。

しかし一年前の状態というのは既に症状が出るまでの準備が整っている状態です。それが深層筋肉の凝りがあるという状態です。

ですから深層筋肉の凝りが緩まない限りは良くなったとしても再度同じような症状に発展しやすいと言えるのではないか思っています。

再び悪くならないために深層筋肉を緩める

当院の案内動画

  

住所・電話番号・営業日

  

↓クリックすると予約案内・アクセス・料金等の詳細ページにゆきます。

住所:武蔵野市吉祥寺本町1-34-15 電話:0422-22-1601 営業時間:AM10:00~PM19:00

▲上へ戻る ↑

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

腰の名治療師に選ばれました

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved