吉祥寺の「てぴあん整体院」身体の硬直が自律神経失調に影響を与える。

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム

自律神経失調症の原因

当整体院では、これまで多くの自律神経失調症の患者さんの身体を診てきましたが、多くの患者さんには共通する特徴がある事が分かりました。

その特徴は、身体の深部の硬直です。この硬直が血流の流れを妨げ血液を必要としてい組織に十分に行き渡らなくなり、自律神経失調症の原因を作っていると考えています。

自律神経失調症の原因だけではなく、その他の症状も全て身体の硬直(深層筋肉の硬直)による血流障害が原因だという事を当整体院では、施術経験により確信を持つようになりました。

簡単に言えば病気の原因の殆どは筋肉が酷く硬くなっている事が原因だという事です。施術経験から自律神経失調症もうつ病も、パニック障害や頭痛、吐き気も原因は一つでしかありません。

病名を複雑に分類し、病名を付ける事により根本的な原因が見えなくなりがちです。惑わされないようにしなければなりません。

只、筋肉の硬直を緩めるといっても身体の深部の深層筋肉をしっかりと緩める事が極めて重要な事です。いくら表面的な筋肉を緩めても殆ど意味がありません。

身体の深部の硬直が何故、自律神経失調症の原因になるのか病気の原因になるのか疑問に感じている方が殆どだと思いますが、当サイトをご覧になって頂ければご理解が深まると思います。

まず、自律神経にもっとも影響を与えている首筋の硬直と自律神経の関連性についてご説明をさせて頂きます。

なぜ首筋の硬直が自律神経に影響を与えるのか?

脳のイラスト心臓から送り出された血液は背中や肩、首筋を通過して脳に流れます。しかし首筋の深部の筋肉が硬直すると血流が悪くなり、脳に必要な血液が充分に行き渡らなくなります。

そして脳の機能が充分に発揮する事が出来なくなります。自律神経は生命を維持する為に必要な機能を調整していますが、この自律神経の働きは脳によってコントロールされています。

脳は自律神経の司令塔なのです。

その司令塔である脳に必要なエネルギーである血液が充分でなくなった場合には、司令塔としての役割が果たせなくなり、そのコントロール下にある自律神経の働きも悪くなると考えられます。

首筋の硬直は自律神経に影響を与えるだけではなく、血流が悪くなる事により首より上部にある器官に全てに影響を及ぼし、ふらつきや眩暈、頭痛や鼻づまりにも影響を与えます。

背中の硬直が自律神経に与える影響

首の硬直だけが自律神経失調症の原因ではありません。首の硬直は多くの原因の最も影響を与える部位になる事は確かです。

更なる原因として考えられるのは背中の深層筋肉の硬直です。肺を包んでいる肺周辺の筋肉が硬くなると肺がしっかりと膨らまず、充分な量の酸素を取り入れる事が出来なくなります。

肺のレントゲン写真充分な量の酸素を肺で取り入れなくなると血液中の酸素の量も減少し、結果として脳へ酸素を運ぶ量も減少してしまいます。

深呼吸をするとリラックス感を感じる事ができますが、深呼吸により脳内の酸素量が増加するためです。

リラックス感を感じるという事は副交感神経が優位の状態にあるという事を表します。酸素を取り入れるという事は自律神経のバランスを整える上で極めて大切な事なのです。

背中の硬直により肺が圧迫を受けると、息苦しさや呼吸が浅いと感じるようになり脳への酸素量も減少しますので、自律神経のバランスを乱す原因となるのです。

胃の裏側の硬直が自律神経に与える影響

自律神経失調症の患者さんは共通して胃の裏側が硬くなっています。そして胃の働きが落ちていて食後に吐き気を感じたり胃や腸に不快感を持っています。

胃の働きが悪くなると吐き気を感じますが、この胃の働きが悪くなる原因は胃の裏側の筋肉の硬直です。この胃の裏側の筋肉を緩めると緩んだ直後から胃が働き初めて胃の重さが取れて胃がスーッとした感覚を持ちます。

これは、胃の裏側が緩み胃そのものへの血流がよくなり胃が働き始めた証ですが、胃の働きが悪くなると全身の血流が悪くなり体調も悪くなる事が施術経験により分かりました。

特に間食をする人食べ過ぎの人、お酒を飲まれる事が原因ですが、特にチョコレートやお菓子などを食事の間に頻繁にされる方に多いのです。

しかも胃に不快感をもっていたり吐き気を伴うにも関わらず悪い習慣が辞められずに間食などをして胃に負荷をかけ続けています。

そうすると更に胃の周辺の筋肉も硬直して血流が悪くなり、血流が悪いと胃の働きが悪くなるという風に悪循環を繰り返しています。

胃の働きの悪い人が、食べ過ぎや間食、お酒の飲みすぎなどにより胃に負荷をかける事は全身の血流障害となり結果として自律神経失調症の原因ともなります。

全身の深層筋肉の硬直が自律神経に与える影響

自律神経失調症の患者さんは首筋や、背中だけではなく全身の筋肉が硬くなっています。身体が硬いと、筋肉に力を持続的に入れ続けている状態であると脳は理解し、自律神経の交感神経が優位な状態になります。

本来自律神経は、交感神経と副交感神経が気温や状況、時間帯などの条件により自動的に切り替わりバランスを取っています。

交感神経は緊張した時や活発に働いている時に優位な状態になり、副交感神経は休息している時やリラックス状態にある時に優位になります。

しかし、筋肉の硬直により自律神経のバランスは交感神経側に傾きがちになり、リラックスしたくともリラックス状態を得る事が困難になります。これが自律神経のバランスを崩してしまった状態です。

筋肉の硬直は自律神経失調症の原因となります。当整体院では、自律神経失調症の原因を一言で表すと、筋肉の硬直、特に深層筋肉の硬直による血流障害が根本的な原因だと捉えています。

更に突き詰めれば精神的なストレスが筋肉を硬直させる一番の要因となりますが、この精神的なストレスを改善したとしても、既に硬直してしまった深層筋肉は自然になくなる事はまずありません。

リラックス状態を得られないという危険性

当整体院では、問診時にリラックス感があるかどうかを重要視しています。このリラックス感があるかどうかで自律神経のバランスが乱れているかそうでないかの判断ができるからです。銀杏

リラックス状態が得られないという事は副交感神経にスイッチが切り替わっていないという事を表しています。

身体は副交感神経が優位な状態(リラックス感を得られる状態)になって初めて疲労の回復やエネルギーの蓄積が可能になります。

自律神経失調症の方が、いくら休んでも時間が過ぎていくだけで疲れが取れないというのは、副交感神経にスイッチが入っていないからです。

自律神経失調症の方にとって必要な事は、リラックス感を得る事、副交感神経にスイッチを切り替える事なのですが、皮肉にも自律神経失調症の方は自律神経の機能そのものが充分に働いていないために、癒しモードの副交感神経にスイッチが入りづらくなっています。

自律神経失調症の原因となっている三大要素

上記項目を整理しますと、自律神経失調症の原因は大きく分け以下の原因があげられると考えられます。

1、脳の血流障害
肩や首筋の硬直により血管が締め付けられ脳への血流が悪くなる。そして脳の機能が十分に働かなくなり自律神経の指令が機能しなくなった。

2、身体の硬直による異常な信号
身体の硬直により脳に異常な信号(緊張状態)が送り続けれらて自律神経のバランスが乱れる。

3、呼吸の影響
呼吸が浅くなり脳へ十分な酸素を送り届けることができなくなる。呼吸が浅くなるとリラックス状態が作れず自律神経のバランスが乱れる。

当整体院の整体で症状が改善された患者さんの感想

自律神経失調症を改善するために一番重要な事は、筋肉の硬直を緩める事だと当整体院では考えています。

単に筋肉硬直を緩める事ではなく深部の筋肉の硬直を緩める事によりダイナミックに血流が改善されて、脳をはじめとする器官や臓器は本来の機能を取り戻し始めます。

当整体院では多くの施術経験により身体の硬直を緩める事により自律神経失調症、うつ病、パニック障害の原因となっている上記のような障害を取り除くことで、数多くの患者さんの症状を改善へと導びいてきました。

当整体院で行っている療法と他の療法との決定的な違いは筋肉の深部である深層筋肉を如何に深く緩める事ができるかという事に尽きます。この深部の硬直を緩める事こそがもっとも重要な事なのです。

当整体院で整体を受け症状が改善された方の患者さんの生の声です。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved

自律神経失調症の原因となる3つの要因|吉祥寺の「てぴあん整体院」