不整脈の患者さんの心臓裏の硬直

「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 不整脈の原因

不整脈の患者さんの背中の酷い凝り

不整脈のイラスト自律神経失調症の患者さんは全身が酷く硬くなっていますが特に硬くなっているのが左半身の硬直です。胃の裏側から背中、肩までの硬直です。

身体の左半身が硬直するには理由があり、左半身には胃と心臓があります。胃や心臓はストレスを受けた時に防衛反応として胃の周辺や心臓の周辺の筋肉を硬直させて守ろうとしていると考えられます。

上記は、あくまでも仮説になりますが事実、右半身と左半身との身体の硬直には明らかな違いがあり殆ど個人差や例外がありません。

不整脈の患者さんの身体に共通して言える事は心臓の裏側、背中側の硬直です。ある患者さんに背中が凝ってくると不整脈になるといわれた事があり、その一言から不整脈の原因が見えてきました。

その患者さんの心臓の裏側は酷く硬直して少し盛り上がっていました。酷く凝っている状態を深層筋肉を緩める施術をしっかりとした所、すぐに不整脈がおさまりました。

この時から不整脈を訴える患者さんの心臓の裏側は必ず酷く硬直し、この心臓の裏側を中心に背中全体の硬直をゆるめる事で、不整脈が治まるという事実を繰り返し体験をしています。

当院の見方では、心臓の拍動を心臓周辺を覆っている硬直した筋肉が心臓の動きを抑制し、何等かの作用が働き不整脈になるのではないかと思っています。さらにその反動により心臓を一生懸命動かそうとするために不整脈があるのではないか?そんな風に思っています。

一般的に自律神経失調症の症状に自律神経のバランスの乱れる事で不整脈の症状があると言われておりますが、当院では心臓の周辺の硬直が緩むと不整脈が改善されるという事から自律神経の乱れによる影響ではなく心臓の周辺の深層筋肉の硬直が原因だと考えております。

私自身は不整脈というのは経験しておりませんので、不整脈があるかどうかというのは患者さん自身の感覚で感じられる人もいるようですので施術直後に変化が分かります。

私は不整脈の辛さは解りませんが、施術経験上で言える事は、不調を感じている部位もしくはその周辺は必ず硬くなっているという事です。なぜ症状がそのように出るのかを詳しく解説も説明もする事が出来ない場合や聞いたこともないような症状を訴える患者さんがいますが、大概、調子の悪い部位というのは硬くなっていますので、その硬直を緩める事で改善される場合が殆どです。

▲上へ戻る ↑

営業案内・電話番号

てぴあん整体院の施術室

自律神経失調症の元気度をチェックしよう!

息苦しさを改善すれば自律神経は良くなる!

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved