胃の働きが落ちると胃の不快感を感じる

「てぴあん整体院」ヘッダー画像

sitemap

ホーム ⇒ 胃の不快感

胃の周辺が硬くなっている。

胃の錠剤胃の不快感を感じている方は既に胃そのものと胃の周辺を包んでいる部位が硬くなっていたり癒着しています。胃の周辺が硬直すると、人により吐き気を感じたり胃と腸の両方に不快感を感じたりします。

この不快感というのは血液の流れがわるくなっているという事です。血流のよい場所というのは、スッキリとして軽さがあります。理想的な状態は肉体感覚がなく意識だけが存在している感覚というのが一番良い状態です。

胃の働きと自律神経の働きとは深い関係があり、交感神経の働いている時は胃の動きがわるく、副交感神経が優位になると胃が動き始めます。

胃の不快感を感じている人は、主に自律神経の働きが悪く過去にもしくは現在も長期に渡りストレスを感じ続けた経験がある人だと思います。ストレスを感じると身体が緊張し、心臓や胃の周辺に無意識に力が入ってしまいます。この状態は交感神経が優位の状態になっています。

ストレスが長期化すると自律神経の働きもバランスがわるくなり、ストレスから解放されても副交感神経にスイッチが切り替わりづらい状態になってしまい、少しのストレスでも交感神経にスイッチが入りやすい状態になります。

既に胃の周辺が硬直しておりますので、自律神経が正常に働き始めたとしても胃の不快感はとれません。かなり長期にわたり休暇をとり、ストレスのない状態で過ごせば胃の不快感は感じにくくなるとおもいますが、根本的には改善されている状態ではなく症状が出にくくなっているだけです。

ストレスのない状態で調子がよくなっても、再度ストレスを感じると暫くして胃の不快感が顔を覗かせるようになります。なぜならばストレスから距離をおいても胃の硬直そのものは取れているわけではないからです。この胃の周辺の硬直を取らない限りは元の状態に戻ってしまいます。

それでは胃の周辺の硬直を取れば再び不調にならないかというとそうではありません。一度胃の周辺の硬直を緩める事により血流がよくなり胃の周辺に老廃物が蓄積しづらくなるので結果として硬直しづらい状態になるという事です。

胃の働きの悪い人は、胃と胃の周辺そのものの硬直を緩める事と同時に自律神経の状態を改善する為の施術を合わせて行う事が必要になってきます。

▲上へ戻る ↑

整体院の施術室

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺で整体をお探しなら「てぴあん整体院」All Rights Reserved